FC2ブログ
 

四葉のクローバー/晴れの国岡山から

土佐文旦

 おみやげに土佐文旦をもらった。片手のひらにちょうど入る大きさ、直径10センチ位だ。きれいな黄色で、肌はしっとりと張り切っている。皮のすぐ中の白い綿が、実をしっかりと守っている。

 丸のままでも鼻を近づけると、文旦の香りが漂ってくる。香りは、柑橘類の甘さや味によっても違ってくる。レモンは、ごく酸っぱい香り。温州(うんしゅう)みかんは、甘くてやわらかい香り。文旦はさっぱりとした香りがする。このさっぱり感が、脳をリフレッシュさせてくれる。

 皮は少々厚いが、包丁で皮に切り目を入れて剥く。香りが一層パワフルになった。香りは、甘すぎもせず、さわやかで、さっぱりとしていてサイコー!!!

 果肉を食べてみる。適度の酸味と甘味がジューシーにせまってくる。おいしーっ。上品な味だ。元々、酸味が好きな私には最高だ。果肉の薄いレモン色から想像する味よりも、甘味はたっぷりだった。

 フルーツ王国、日本に生まれてよかった。色々な種類のみかんが食べられる。願わくば、農薬を殆ど使わずに安全なみかんを作って欲しいと思う。

 TVを見ていたら、Drコパさんが、話しておられた。
「金運アップには、真西にみかんを置いておくとよい。みかんの数は9個が最もよい」信じる人は、ためしてください。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する