FC2ブログ
 

四葉のクローバー/晴れの国岡山から

コレステロールの新基準

 2007年4月、日本動脈硬化学会が、高コレステロールの診断指針を改定した。
 今までは、総コレステロール値が220mg/dl以上の人は治療の対象とされてきた。前々からこの程度の数値では治療の必要性はないのでは?と、疑問視されていたことだった。というのも、総コレステロール値が180mg/dl~200mg/dlの人は脳卒中、心筋梗塞の死亡率が一番低いとわかっていたからだ。その数値に近い220mg/dl~240mg/dlあたりの人が、即治療をし内服薬を飲み続けなければならないのかどうか、疑問視する専門家も多々あった。

 改訂のポイントは、総コレステロール値を診断基準からはずし、LDLコレステロール(悪玉コレステロール)値で診断することだ。LDLコレステロール(悪玉コレステロール)値140mg/d以上が「脂質異常症」と呼ばれる。
 今までの「高脂血症」から「脂質異常症」へととって変わった。

コレステロールの新しい診断基準

脂質異常症の診断基準
高LDLコレステロール血症 LDLコレステロール値 140mg/dl以上
低HDLコレステロール血症 HDLコレステロール値 40mg/dl未満
高中性脂肪血症 中性脂肪 150mg/dl以上
 女性の心筋梗塞は、男性の1/2~1/3と少ないから男女同じ基準値なのはおかしいという意見がある。が、女性でも糖尿病、喫煙、高血圧などが重なると心筋梗塞を起こしやすい。
 新しい診断基準が完璧かというと、そうでもないようで、数値の妥当性への疑問は残っているようだ。そして、科学的根拠に乏しい判断する人もいる。

 反対に、総コレステロールが少ないと、がん、うつ症に罹り易くなると言われているので、お米を中心とした食生活で魚類、大豆製品、ヨーグルトなどの乳製品、野菜、果物、余分な油を落とした肉類などをバランスよく食べることが大事だ。くれぐれも食べ過ぎにならないように注意すること。

コレステロール・中性脂肪の正常値
LDLコレステロール値 120mg/dl未満
HDLコレステロール値 40mg/dl以上
中性脂肪 150mg/dl未満

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する