FC2ブログ
 

四葉のクローバー/晴れの国岡山から

三歳児のお泊り

 久しぶりにたっくんがお泊りに来ました。三歳と二週間のたっくんは、夏服の半ズボンになってみると、ふくらはぎに肉がついてがっしりとしていました。身長もだいぶ伸びたようです。

 しっぽ
 台所で夕飯のしたくをしていると、たっくんがおもちゃの車を持って遊びながらやってきます。と言ってもリビングとダイニングはオープンで続いています。
「ばあちゃん、しっぽがあるで」
「しっぽ?」と言われて考えました。(うーーん、あった、あった)
「これのこと?」
「うん、しっぽ」
「ほんと、しっぽだねえ。これはサボテンだよ、サボテン」
「サボテンかあ」
 窓際にずっと置いていたサボテンだけれど、今日この時、たっくんには"しっぽ"に見えたのでした。そう言われれば、もうしっぽにしか見えなくなってくるから不思議です。
 そして、この度よく見たら、なんと赤ちゃんが生まれていたのです。次女がサボテンが欲しいといって買ったものでしたが、五年以上経っている気がします。この赤ちゃんサボテンパワーがたっくんにしっぽと呼ばせたのかと、勝手に想像を膨らませて楽しんでいるばあちゃんでした。
 水はほとんどやらなくても、台所の湿気で十分サボテンは生きているのです。本当のところは、世話の仕方もよく知らないのですが。
サボテン


 虫歯がある?
たっくんはじーちゃんとお風呂から出てきました。お風呂からキャーキャー、ワーワーと賑やかな声が聞こえてきたので楽しく遊べたようでした。
 じーちゃんが歯磨きしながら言いました。
「たっくん、風呂で見たとき、下の歯に虫歯があったようで、黒く見えたから」
「虫歯はねえよ」と、たっくん。
「じーちゃん、口あけてみ、あっ、虫歯がある」
「ばーちゃんが見てみようか。たっくん口あけてみ、よう見えんで」
「じーちゃんが見てやるから、うーん、あら黒いの無いわ、何かついとったんかな」
「じーちゃん、口あけてみ。虫歯ねえわ。ねえ、ねえ」
 じーちゃんとばあちゃんは、大笑いでした。たっくんは虫歯があると濡れ衣を着せられたら、大いに反発したのでした。そして、じーちゃんに虫歯があると言って、気持ちを落ち着かせようとしたのでしょうか。
 とにかく、虫歯が無くて良かったです。ばーちゃんが買っておいた、くまのプーサンの絵のついた、握るところの太い子供ハブラシを使って自分で磨きました。

 壁の穴
 じーちゃんは、前日たっくんの家へエアコンを着けに行きました。たっくんのパパが一部屋リフォームしたので、その部屋へ着けました。
 夜に、ばーちゃんと寝ている時にたっくんが言いました。
「ばーちゃん、穴をなおせる?」
「どんな穴」
「じーちゃんが、パパが新しい家を作ったのに、穴を開けた」
「あー、その穴。あれは、エアコンを着けるためのパイプの穴。この家にもパイプの穴はあるし、どの家にもエアコンを着けたら穴があるよ」
「そうか、パイプか」
「じいちゃん、『おれにまかせろ』と、言ってくれんと困るがー」
 パパが一生懸命リフォームしたのを見て知っていたたっくん、ママも自分も手伝った大事な部屋に穴が開いて、どうしてその穴を直そうかと考えていたたっくん、三歳児でもいろいろと考えているのですね。
 だからこそ、三歳児にも説明は丁寧に、こちらが思っているほど子供(こども)ではないと思い知らされた出来事でした。  

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

子供の発想は驚くことがありますよね。
何の邪念もなく、綺麗な心で素直に見ているからでしょうね。
最後の壁の穴、たっくんは真剣にどうしたらいいか、悩んでいたんでしょうね。
解決できてよかったね、たっくん。

yamayan | URL | 2007年06月09日(Sat)03:34 [EDIT]


yamayanさんへ

ありがとうございます。
たまたま静かな時を持てたので、聞くことができました。
舌の回らない言葉を辛抱強く聞くことでいろいろと話してくれました。その中には、自分の作り話、大きくなってからのことなども含まれていて、いい思い出になりました。
二時間くらいしゃべりまくるパワーに驚きもしました。v-205v-22

四葉 | URL | 2007年06月09日(Sat)10:56 [EDIT]