FC2ブログ
 

四葉のクローバー/晴れの国岡山から

「食育」

 テレビニュースで言っていた。「食育」をしている人56%、「食育」をしていない人41%、「食育」をよく知らない人37%だと言う。
 私は、「食育」をよく知らない部類に入りそうだ。漠然とはわかる。たぶん、ファストフード、インスタント食品などの弊害について学び、季節の野菜を使った手料理を勧めるというものだと。そこで、調べてみることにした。
 農林水産省が、食に関する知識と食を選ぶ力を身に付けるために「食育」を推進している。
 ①食料消費の米が減少し、畜産物と油脂が増加していて、栄養バランスの崩れがみられる。昭和35年には、炭水化物が多すぎた。昭和55年は、たんぱく質、炭水化物、脂肪のバランスがちょうどとれていた。平成16年には脂肪とたんぱく質が多く、炭水化物が少なくなっていた。
 バランスのとれていた昭和55年は、米36.1%、畜産物12.0%、油脂12.5%であった。平成16年は、米23.4%、畜産物15.4%、油脂14.2%となっている。このまま進んでいくと大変なことになりそうだ。
 ②単独世帯の増加や女性の社会進出に伴って、外食や中食が増えている。食品産業も「食育」に大きく関わってきていることとなる。
 ③朝食の欠食。20代男女の朝食の欠食が一番多く、ついで30代。こどもの欠食も増加している。
 平成12年度 小学5年生15.6%、中学2年生19.9%だったらしい。
 理由は、時間が無い46.9%、食欲が無い33.7%
 欠食とは、1週間に2-3日食べない~ほとんど食べないが相当する。
 ④肥満。男性の30~60歳代で約3割が該当し、20年前の1.5倍に増加している。反対に20~30歳代の女性はやせの割合が増加している。
 ⑤15~29歳代の女性は特にカルシウムの摂取量が少ない。将来の骨粗しょう症が心配される。
 ⑥糖尿病の増加、長寿世界一の日本は、健康長寿をいかに延ばすかで、国民医療費の増加を抑えたいと思っている。
 ⑦食品の廃棄や食べ残しが資源の浪費、環境への負荷となっている。
 ⑧消費者の食の安心安全に対する関心は高いが、一方では食品選択や食事の準備に困らない知識、技術を持つ人男性約3割、女性約5割という。
「農林水産省のわが国の食生活の現状と食育の推進について」から抜粋

 さまざまな食に関する問題点が出てきた中で、実際にどうするか、何をするか、何をしていくか。
 「食生活指針」と「食事バランスガイド」というものを作って普及しているようだ。この「食事バランスガイド」というものは、今までにどこかで見たことがあった。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

日本だけではなく海外でも「食」に関して問題になっている所が多いですね。

イギリスでは、ジャンクフードをお弁当代わりに持ってくる子ども達が多いそうです。きっとアメリカも同じかな。コンフレークやポテトチップスやチョコレートバー。子どもが大好きな味で親もその方が楽なのでしょう。学校からの手紙にも、ジャンクフードばかり毎日持たせるのはやめましょう!と配られるくらいだそうです。保育園でも、ポテトやハンバーグといたカロリーオーバーで肥満児が増えている傾向にあり、見直しが始められています。ジャンクフードの会社が、カロリーオフのものを作らざるえない状況らしいです。

結局は、自身が心がけていくしかないんですよね。


四葉のクローバー | URL | 2007年05月22日(Tue)23:24 [EDIT]


四葉のクローバーさんへ

野菜料理は、手間がかかりますよね。
だから、仕事をして疲れて帰ってからの野菜料理は大変だと思います。
そこで、一度にたくさん茹でておいて、一回分ずつ冷凍しておくとか、工夫が必要ですね。
私もなかなかできないですが、意識して野菜を摂ろうという思いは持っています。
英米でも同じような状況なのですね。世界的な問題になりつつあるのですね。

四葉 | URL | 2007年05月23日(Wed)22:19 [EDIT]