FC2ブログ
 

四葉のクローバー/晴れの国岡山から

口腔アレルギー

 最近、身近でりんごが食べられない、みかんが食べられない、果物の殆どが食べられない人を知っている。
 口腔アレルギーだそうで、特定の果物を食べると、口の周りや口の中、喉の奥がイガイガとかゆくなったり、腫れたりするそうだ。また、じんましん、吐き気、腹痛、下痢、気管支喘息の発作を起こすこともある。重症の場合はショック症状を起こすこともあり、油断がならない。 
 大人や年長児の場合は既に花粉症に罹っていたのちに口腔アレルギーが起こるらしい。年少児の場合は、同じ果物を多量に摂ることにより発症するらしい。 
 アレルギーを起こす物質が、花粉と果物の中に含まれているものと類似しているために起こるそうだ。
  甘い果物をたくさん食べると腸内細菌が乱れ、アレルギーを悪化させるそうだ。また、腸内細菌が乱れている人ほど果物や野菜に過敏症を起こすことが多いそうだ。
 野菜が嫌いだとか、調理が面倒だとかで食べてないから、果物でビタミンを摂ろうと多量に果物を食べ、ジュースを飲んでいると、果物のアレルギーを起こしてしまうそうだ。そして、農薬の少ない国産の果物を、季節ごとに少量、味わいながら食べる方がよいようだ。ビタミン類は農薬の少ない野菜を充分に加熱調理し、野菜の味噌汁やスープを摂ると良いそうだ。
 果物は熱を加えるとアレルギーが起こりにくく、離乳食で果物を使う時は、生よりは煮る方が良いそうだ。
 
 シラカバ、オオヤシャブシ、コナラの花粉症の人は、
   バラ科のリンゴ、モモ、サクランボ、アーモンド、ナシ、イチゴ
   セリ科のセロリ、ニンジン
   キウィ、ヘーゼルナッツ、バナナに気をつけた方がよさそう。

 ブタクサの花粉症の人は、
   ウリ科のメロン、スイカ、やバナナ

 ヨモギの花粉症の人は、
   セリ科のニンジン、セロリ、やピーナッッやリンゴやパセリ

 カモガヤの花粉症の人は、
   小麦、ライ麦、トウモロコシ、やジャガイモ

 スギ、ヒノキの花粉症の人は、
   トマトに気をつけて欲しい

 花粉症の人は、自分のアレルギーの原因物質を知り、果物や野菜のアレルギーとの関連を知り、症状を見ながら上手に避けることも大切であると思う。
 

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する