FC2ブログ
 

四葉のクローバー/晴れの国岡山から

岡山市財政立て直しを模索中

 2007年5月14日、NHKスペシャルで「あなたの町は大丈夫?市民1人借金100万円、どうなる住民サービス、財政ピンチ」で、なんと、なんと、岡山市がとりあげられたのだった。
 全くの寝耳に水とは言わないけれど、大変な驚き、ショックを受けたのは私だけではないはず。
 高谷茂男市長を岡山市民が選挙で選んだ時、財政ピンチを救ってくれる救世主?という期待を持っていたはず。という事は、財政ピンチは既に叫ばれていたのだった。
 ところが、喉もとすぎれば熱さ忘れるで、問題は少しも解決していないのに、市民は行政側に丸投げで関心を示さなかった。
 行政側も、もっと事あるごとに財政危機を市民へ訴え知らせる努力をすべきだと思う。この番組を見て切実にそう思った。
 岡山市の現在の借金は7000億円という。1992年には、3000億円だったものが、インフラ整備の借金が増えたらしい。
 高谷市長は、行革担当者を新たに任命し昨年から、住民サービスの総点検を始めた。全国の1/5の市町村が財政の危険水域にあるという。
 岡山市の2100の市民サービス事業の見直しをする。昨年は約3割の見直しを行なった。廃止事業89、民間委託2で5億円の削減見込みで、これは市の予算の1%だと言う。
 高谷岡山市長は、3年は新規採用の凍結、行革として一律5%の削減を実施している。

 借金を膨らませた主なものとしては、
①道路ーーー土地区画整備事業として 毎年30億円
②公共施設ーーー岡山ドーム75億円、岡山ふれあいセンター256億円?、岡山コンベンションセンター96億円
③下水道ーーー2500億円

 道路は広い方が良いし、公共施設も堂々と立派な物が良いし、どの家も下水道が来ているに越したことはない。が、続けることにより岡山市が破綻しては、元も子もない。
 ここまできたのだから、岡山市民が一致団結、心を合わせて、岡山市の財政が少しでも早く立ち直るように協力しなくては事は進まない。
 市民1人1人が、市長になったつもりで、どうしたらよいか考えないと、自分の利益になる事業だけは止めないで欲しいというのでは、岡山市は救えない。
 岡山市の市議会議員の方々も、岡山市全体のことを考えて行動してもらいたい。自分の選挙区の利益を守ることばかり考えていたのでは、行革は進まないことを自覚して欲しい。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

まさか自分の住む街がそんなことになっているなんて、びっくりですよね。
住民がわからないことってたくさんありますね。
ずっと以前、岡山に行った事がありますが、落ち着いたきれいな街だという思い出があります。

ほの | URL | 2007年05月19日(Sat)18:43 [EDIT]


ほのさんへ

厳しい財政状況を住民が理解して、協力するしかないと思います。
東京から来た人は「田舎で、のんびりしたところだ」と、言いますが、そこが長所でもあり、短所でもありと思います。
「落ち着いたきれいな街」ありがとうございます。
岡山市がずっと誇れる街でいられるようにと思います。v-22

四葉 | URL | 2007年05月20日(Sun)08:47 [EDIT]