FC2ブログ
 

四葉のクローバー/晴れの国岡山から

カラオケ

 バーチャンは、おもちゃのマイクを持って、童謡を歌ってやることもある。
「まいごの、まいごの」と、自分の心肺機能の強化とストレス発散とたっくんへの教育的効果と一曲三宝の願いを込めて歌う。
 バーチャンの末っ子は今十八歳。あの時も張り切って童謡を聞かせながら寝かせたものだ。少々音程がはずれていようが、歌詞が間違っていようが、さほど気にしなかった。が、孫の場合は違う。時間的余裕もあるし、インターネットで手軽に調べられるという環境の変化で、なるべく正しいものを伝えたいという欲望が出てきた。
 夏なら夏の季節感にあふれた歌をと思うけれど、まだまだ理解できないたっくんだから、とりあえず歌ってみて興味を持った歌をよく歌うようにする。
 おばけのきたろうの歌にも食いついた。
「げ、げ、げげげのげー」低い声で歌うと、いつものバーチャンと違っておもしろいのかな。
 新聞に「日本の歌百選」が文化庁から発表された。懐かしい歌がほとんどだ。歌えない歌もあるので、いつの日にか全部歌えるようにしたい。易しい歌からたっくんにも覚えてもらいたい。
 四季折々の風景の美しさや母子の情愛や人間の温かい営みを歌ったものが多い。心に響く優しい歌を知っていると、即優しい人間になれるかというと、そんな簡単なものじゃあないけれど、歌のお宝を見逃さないで欲しい。
 ある日、たっくんは体脂肪計の上に乗り、らせんのコードの付いた器具(手で握り締めて計る部分)をマイクがわりにして、機嫌良く歌っている。
 自作の歌詞で自作の振り付けで、リズムに乗ってやっている。
「まーじょうず。天才じゃが」
おだてすぎかもと思いながら、誉めて育てるを実践せにゃあいけんがーの思いが強い。
「ジーチャン、早う来てみ。今が撮影チャンスでー」

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

はじめまして^^

私の芸能サイトで
こちらの記事を紹介させて頂きましたので
ご連絡させて頂きました。

紹介記事は
http://blog.livedoor.jp/blog002002/archives/50076215.html
です。

これからもよろしくお願いいたします^^

テレビっ子 | URL | 2007年04月19日(Thu)12:16 [EDIT]