四葉のクローバー/晴れの国岡山から

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

北京4日間の旅

 6月上旬、北京4日間の旅へ行ってきました。岡山空港から大連経由の北京行きが出ているので、便利になりました。私たちが、2001年に上海旅行をした時には、北京や西安への旅行者が上海で乗り継いでいました。
 今回は、北京市内の5つの世界遺産を見るのが大きな目的でした。どこも想像以上に大きくて、国の大きさに合わせて建物も大きいのだなと驚きました。そして、歴史は全くの苦手でしたが、何となく中国の歴史を感じることができて良かったと思います。
万里の長城
 まず、一番に万里の長城です。中国と言えば、万里の長城の写真を思い浮かべるほどに有名です。周の時代に北方民族の侵入を防ぐために作られ、秦の始皇帝が長城をつなげ西へと延ばしました。しかし、元や清の時代には簡単に長城を乗り越えて侵入して来ました。
 万里の長城は、実際に行って見るとやはりその壮大さに感激しました。山の峰峰に築かれたレンガと土でできた壁、高さは約7.8m幅は約5.8mで馬5頭が並んで進める広さだそうです。男坂と女坂があり、もちろん男坂は急なのですが、がんばってこちらの方を登りました。滑りそうなほどの急坂には、鉄のてすりがあるので、持って登りました。石の階段も上る人の靴ですり減っているようでした。欧米系の人もちらほら登っていました。
 黄砂の時期ではなかったのですが、うっすらとかすんでいました。紫外線を気にしていましたが、これではそんなにに気にしなくてもよいようです。4月に万里の長城へ行った人から、6月だと良く見えるでしょうと聞いていましたが、4月はどの程度の霞だったのでしょうか。
明の十三陵
 世界遺産・明の十三陵は、今まで全く知りませんでした。明の時代の皇帝の陵墓が十三あります。その中でも立派な「定陵」という万歴帝の地下宮殿へと入りました。皇帝と2人の皇后の棺と副葬品の箱がありました。もちろん、レプリカですけれど。この写真は白玉の玉座で皇后の物です。皇帝の玉座には龍の彫り物が、皇后の物には鳳凰の彫り物がしてありました。
 たくさんの部屋と高いアーチ型の天井、大理石の石組みなど珍しい物が見られました。公開されている墓は、永楽帝と皇后が眠る長陵と、慶帝の昭陵とここの定陵の3つだけです。駐車場では近くの農家の人達が、さくらんぼ、桃、すいか、トマトなどを道路脇で売っていました。 
故宮
 故宮博物院は、紫禁城のことです。「ラストエンペラー」は、ここを舞台とした物語でした。私たちは、この故宮博物院の南側にある天安門広場へ行った後に、続いて故宮へと入りました。たくさんの門と建物がありました。どれも同じような建物の形なので、帰ってから写真を見ても、建物の名前が判別しにくかったです。
 政治の場が南側に、生活の場が北側にありました。とにかく広くて、一度さっと歩いたくらいでは理解できません。周りは安全を確保するために幅100mの河が流れていました。そして、故宮の北側には堀をほって出た土で作った人工の山がありました。そこから故宮を眺めると故宮全体がよく見渡せるようです。残念ながら今回は時間がなくこの山には行けませんでした。
頤和園・いわえん
 頤和園(いわえん)は、西太后が巨額を投じて再建しました。杭州の西湖を模して作った昆明湖の北側の山に立っているのが、8角3重の仏香閣です。湖岸沿いの長廊の梁には、風景画や西遊記、人物画などが鮮やかな色で描かれていました。また、窓の形も色々で、中から外の湖が窓の形に切り取られる面白さを楽しんだそうです。
 西太后が住んだ堂や光緒帝を幽閉したと言われる堂などがありました。湖には、ボートなども出てゆったりと楽しんでいる人もいました。
天壇公園
 ここは、天壇公園の中にある祈念殿です。皇帝が五穀豊穣を祈った場所です。天壇公園は故宮の3倍の敷地で、北京の市街地にあるので、市民の人達が体操に来たり、カラオケをしたり、碁をしたり、踊ったりと楽しんでいました。もちろん庶民が遊んでいるのは、この写真の場所よりもっと南側でした。私たちは見なかったのですが、この祈念殿の南の方には、回音壁や天心石という、不思議な音響を体験できる場所もあるようです。
 とにかく、一つ一つが世界遺産なので、スケールが大きくて、十分理解しようとすると2~3日かけてじっくりと見てまわらなければ無理でしょうね。歩け、歩けで、添乗員さんも3ヶ月で靴がダメになると言っていました。これから暑くなるとますます大変です。
 北京市内は、ずっと霞んでいました。ホテルから朝日を見たら、ボオッと力のない夕日のように見えました。黄砂ではなくスモッグということでした。オリンピックのために色々と開発工事がなされた影響でしょうか。日本は島国だから、空気が綺麗だと言われました。そう、日本は細長い国だから、スモッグの影響も受けにくいかもしれません。が、高度経済成長期には、工業地帯ごとに喘息患者さんが出たりしました。北京市もそういうことにならないように環境対策が早期になされるように望みます。
 中国は広いです。飛行機で簡単に格安で行けるようになりました。しかし、中国も通貨を上げる?とか言っているので、その前に行きたい場所へは早めに行った方がよさそうです。鳥インフルエンザとか、流行ったりしますから、皆さん、チャンスは待たず作りましょうね。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

中国いいね

四葉ちゃん、おはよ~。暑い日が続いてますが
お元気ですか~?いつもお忙しい中コメントを
ありがとうございます。

オォォォ、四葉ちゃん海外旅行に行ってきたんですね。
しらんかった。歴史って聞くと興味が沸きますよね。
どの写真も素晴らしいです。絵になるな~。

でも。。。ハワイしか知らずに終わるんだろうな~(>_<)

hiroro | URL | 2010年07月26日(Mon)07:54 [EDIT]


hiroroちゃんへ

こんばんは、いつも、コメント感謝でーーす。毎日暑くてバテています。v-8
日中出かけると、疲れます。
中国は、6月上旬に行ったので快適でした。
hiroroちゃんは、今年もハワイが待っていますね。
ハワイの癒しの風にとりこになった人、多いようですね。とことんハワイを知り尽くしてくださいね。v-227

よつば | URL | 2010年07月26日(Mon)21:10 [EDIT]


北京

中国にいかれたんですね。東洋的な建物でもスケール感は大きいですね~。私は中国(香港以外)は行った事がないんです。

フランク島倉 | URL | 2010年07月29日(Thu)02:37 [EDIT]


フランク島倉さんへ

こんばんは、コメントありがとうございます。v-238
岡山空港から出かけられる格安ツアーがあったので参加しました。
行って見ると、スケールの大きさに驚きました。皇帝の力を見せつけて権力を保つためだったのかも知れませんが。
世界情勢は刻々と変わっています。いつまで格安が続くかわからないので、フランクさんも機会があったら中国へも行って見てくださいね。v-22

よつば | URL | 2010年07月29日(Thu)20:14 [EDIT]


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。