四葉のクローバー/晴れの国岡山から

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

岡山天体物理観測所

天文台もなか
 「天文台もなか」をいただきました。初めて食べましたが、あんがいっぱい入っていておいしかったです。天文台の形が面白いし、かわいいです。
 岡山県の天文台と言えば、岡山県南西部・浅口市鴨方町の竹林寺山にあるここの天文台が一番有名です。正式には、国立天文台岡山天体物理観測所と言うようです。昭和35年に東京大学東京天文台の付属施設として開設されました。
 私たちが小学生の頃に作られたので、学校からも見学に行きました。その時に教えてもらった正式名は「東京大学東京天文台岡山天体物理観測所」というものでした。長々しい名称だからこそ、おもしろがって覚えたものでした。
 ここの特徴は、日本最大級の188㎝の反射望遠鏡があることです。他にも91cm、50cmの反射望遠鏡や65cmのクーデ望遠鏡があります。日本の持つ大きな望遠鏡の第一位はハワイ島のすばる望遠鏡で口径8.2m、第二位は兵庫県のなゆた望遠鏡、第三位が岡山天体物理観測所の望遠鏡となります。
 国立天文台岡山天体物理観測所がこの場所にできた理由は、年間を通して晴れの日が多く、大気が安定しているからだそうです。星の観察には、澄み切った夜空が何よりも必要ですから。
 この施設は、平日・休日を問わず朝9時~午後4時まで見学ができます。ただし、工事中や鏡の蒸着作業中(毎年6月の前半に行われます)は、見学停止となります。受付・守衛所で記帳し、見学室なども見ることができ無料となっています。
 近くには、浅口市営の岡山天文博物館もあり、プラネタリウムや展示物が見られます。有料で大人300円、中・高校生は200円、小学生は100円だそうです。毎週月曜日が休みですが、その他にも休みがありますから、電話やホームページなどで調べてから見学に行ってください。岡山天文博物館の電話は、0865-44-2465 です。
 設立当時からすると、街や工場や家庭からの光害が増えているそうです。文明の証しである照明ですが、不必要な灯りはなるべく消してエコに努めたいものですね。そして、光を上の方に向けて照らすことは止めたいものです。梅雨があければ美しい星空が戻ってくるでしょう。そう言えば七夕も近くなりましたね。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

暑いの苦手ですぅ

四葉ちゃん、おはよ~(^_-)-☆
いつも来てくれて感謝してま~す!

ムシムシと毎日暑いですね~。って、これからが本番
なんですものね。もなか、懐かしいな~。
子供の頃よく食べてたような?

岡山って、歴史の古い街なんですね?

hiroro | URL | 2010年06月27日(Sun)08:19 [EDIT]


hiroroちゃんへ

おはよう、連日蒸し暑いですね。v-22
汗かきなので、蒸し暑いとバテてしまいます。
そう、もなか、子どもの頃に食べていましたね。
子どもの頃には、もなかより饅頭の方が好きでした。今は、もなかもおいしいと思います。
甘党で、あん好きでーーす。v-221
hiroroちゃんは、辛口だから和菓子などはあまり食べないのでしょうね。v-272

よつば | URL | 2010年06月29日(Tue)10:44 [EDIT]


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。