FC2ブログ
 

四葉のクローバー/晴れの国岡山から

アイスクリーム大好き

 たっくんはアイスクリームが大好きだそうだ。それを知ったのはたっくんが帰る時に、パパがおもちゃで遊んでいてなかなか帰る支度ができないたっくんに、こう言ったからだ。
「たっくん、お家へ帰ったらアイスクリームがあるよ。帰って食べよう、たっくんいらんの」
「いる。アイス食べる」
 あわてておもちゃを離して、赤ちゃん用シートベルト(チョッキ型)を着ることになる。
 バーチャンの家では、冷凍庫の調子が悪いのと幼児に冷たいものを食べさせたくないという考えで、おやつにアイスを食べさせていなかった。
 ある日、お風呂上がりならいいだろう、アイスもちゃんと固まっているし、で、我が家にあったソフトクリーム型のアイスをたっくんに渡した。台のモナカの皮の部分を持ってためらっている。
「なめてごらん」
 なめても冷たいだけで、期待していた甘い味がしないので、気分は沈んだまま。
「かじってみ」
バーチャンも一つ冷凍庫から出して、かじって見せた。
「上から少しずつ、歯でガブガブする」
 ガブガブとも少し違うなと思いながら食べている。そのうち、たっくんの舌にも甘くて冷たいアイスの味が届いたらしい。顔の表情が明るくなり、その辺りを動きだした。
「座って食べ、動くとアイスが落ちるで」
たっくんは無事に食べ終えた。そして、一言もの申した。
「このアイス、かたいなあ」と、かたいに気持ちを込めて言った。
「・・・かたいか」
 バーチャンはひらめいた。もしかして、たっくんはソフトクリームと思っていたのかもしれないと。大人はソフトクリーム型アイスと知っているし、以前食べているが、初体験のたっくんには、なんとも変なアイスであったに違いない。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する