四葉のクローバー/晴れの国岡山から

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

備中国分寺(五重塔)

 5月の連休中は、備中国分寺(岡山県総社市)にある五重塔の中を見せてもらえました。中学生の頃この塔に登らせてもらったことがあります。その頃にもこの像たちはあったのでしょうか。狭い階段と薄暗かった印象しかないのですが。
 この五重塔は、1990年(平成2年)からの部分解体工事の途中で大型台風19号に遭い破損した為に、全面解体工事に切り替え約3年半を費やして修復されました。約3億5千万円をかけて現在の美しい姿になりました。
五重塔内部東
 初層部分の内部を東側から見た所です。大日如来を中央芯柱として、東から右回りに、阿閦如来(あしゅくにょらい)、宝生如来(ほうしょうにょらい)、阿弥陀如来(あみだにょらい)、不空成就如来(ふくうじょうじゅにょらい)の四如来を五智仏として配置し、金剛界の五智如来を構成しています。
これは、白い象に乗った阿閦如来(あしゅくにょらい)様です。
五重塔内部西
 五重塔の内部西側におられる阿弥陀如来(あみだにょらい)様は、孔雀の上に乗られています。南側に位置する馬の上には、宝生如来(ほうしょうにょらい)様が乗られていますが、良い写真が撮れませんでした。たくさんの人が並んでお参りされているので、ゆっくりとカメラを構えることができませんでした。扉を四方に開けているので、そこからの光が入り、しかし塔の四隅は非常に暗く、光のコントラストがきつすぎるためと思われます。(カメラはど素人のため、カメラもかな)
五重塔内部北
 五重塔の内部北側におられる不空成就如来(ふくうじょうじゅにょらい)様は、鳳凰の上に乗っておられました。そして、鳳凰の下には、竜の姿も見えます。動物たちは極彩色で塗られていました。でも、よく見ると1つ1つの色は、そんなにけばけばしい色ではないようです。金色をたくさん使っているから派手派手しく感じられるようです。
 備中国分寺は、741年(天平13年)聖武天皇が天災や飢饉(ききん)から国や人民を守ろうとして建てたものです。ですから、現代人にとっても心のよりどころになり得ると思います。立派な建物が身近にあることを誇りにしたいと思います。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

おはよー

四葉ちゃん、いつもコメントありがとうございます。
今年60歳を迎え、なにかいい年にしようと張り切って
いたのですが…腰の痛みが取れなかったり、幸先悪い
スタートになってます。60になった途端に…年とは
認めたくないですぅ(/_;)

五重塔の中を見学出来たなんて、貴重な体験でしたね。
凄い立派です。岡山って素晴らしいとこですね。

hiroro | URL | 2010年06月07日(Mon)07:40 [EDIT]


hiroroちゃんへ

こんにちは。お返事遅くなりました。v-222
5日~8日まで、中国の北京観光に行っていました。世界遺産を5つ見てきました。また、ゆっくりとupしたいと思います。
腰の方、心配ですね。大事にしてください。私もたまには腰が痛くなりますよ。ふくらはぎがつったり、肩こりなどがよくあります。
地元岡山は、まだまだ紹介しきれていないです。ぼつぼつ頑張ります。v-22

よつば | URL | 2010年06月09日(Wed)18:08 [EDIT]


最近は

修学旅行で、東京ディズニーランド&ミュージカルといった学校もあるようです。
学生の時はこういったもののほうが楽しめるような気がします。
奈良や京都といった歴史的なものを学ぶというのも貴重ですが、よほど興味がない限り、頭に残っていなかったりする事が多く・・・いろんな事を詰め込もうとしている時期に、ゆっくりと眺めて見つめるのは意外と難しいような気がします。

五重の塔、修復に3億もかかったのですね。

先日ある番組で、世界で最も古い会社「金剛組」を紹介していました。寺社仏閣を立てる建築会社のようです。伝統守りと技を磨く職人魂は凄いですね。

はめこんでいく梁の見えない部分に自分の名前と日付を記しているそうです。誰が手がけたという証を残して、次に修復する際、梁をはずす時に誰かがその名を目にするわけです。次の世代へ引き継ぐという気持ちも大事にしている会社なんだなと感じました。






四葉のクローバー | URL | 2010年06月14日(Mon)10:19 [EDIT]


四葉のクローバーさんへ

こんにちは。コメントありがとう。ついに中国地方も梅雨入りしましたね。
五重塔の中がこんなに豪華絢爛になっているとは、驚きでした。昔からの物は大切に保存していきたいですね。しかし、お金も半端でなくかかります。
1年に1度でも見せてもらえるとありがたいです。お陰で日本人が中国から学んできた仏教を感じることができました。仏教は何なのかよく知りませんが、知りたいという動機になりそうです。v-22

よつば | URL | 2010年06月14日(Mon)14:57 [EDIT]


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。