FC2ブログ
 

四葉のクローバー/晴れの国岡山から

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

鴨鍋

 冠婚葬祭や出産、病気のお祝いや見舞いをいただいた後の内祝いなどにカタログを送られてくることが多くなりました。どの家庭にどのようなお返しがいいのかが難しくなってきているからでしょう。家族の人数も減ってますますピタットくるお返しを選ぶことができません。そういう時に、カタログで各家庭に必要な物を選べるのはありがたいです。
 カタログを見ると、あれもこれもいいなあと思う反面あればあったで邪魔になるかも、または本当に使うのかなと心配になる物もあります。その点、消耗品や食料品なら大丈夫です。
 そこで、今回は「岩手がも鴨鍋セット」を頼みました。
鴨鍋
 鴨肉って食べたことがないような気がしたので、注文してみました。
 材料は、ごぼう、人参、白菜、長ねぎ、しらたき、まいたけ、豆腐、春菊などです。後は付属の鴨肉、合鴨入りつくね、だまこもち、スープです。
 作り方は、スープに水を加えて煮立てます。ごぼうなどの煮えにくい具材から入れていき、だいたい火が通ったら、合鴨入りつくねを加えます。つくねに火が通ったら、だまこもちを入れ一煮立ちさせた後で合鴨肉、長ネギをさっと煮立たせてできあがりです。
 だまこもちは、きりたんぽの小さい丸形のようでした。汁の味がしみてもちもちしておいしかったです。合鴨肉は、あっさりとしていました。汁はかなりこってりとした味になっていました。これで、鴨肉は食べたと頭に覚えさせておきましょう。もう、暑い日になると冷たい物が欲しくなりますから、鍋料理も少なくなりそうです。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

おいしそう!

鴨鍋、珍しい~v-20
家でも、せいぜい作っても鴨せいろくらいです。割高ですしv-22つくねを自分で作ろうならば、大変かも。私がいつも購入するのは既にスライスされているもので、塊は見たことがありません。鴨というと京都というイメージがあって、意外と京都では手にはいりやすいのかな?つくねのかたさはどうでした?

私もカタログ頂いても欲しいものがあまりなく・・
カタログで見るのと現物はまたイメージが違ったりしますし、難しいですよね。私も食べ物派です。

四つ葉のクローバー | URL | 2010年04月09日(Fri)12:58 [EDIT]


四つ葉のクローバーさんへ

お返事遅くなりました。v-238
つくねですが、やわらかめでした。ビニル袋に入っていて、角を少し切ってから、スプーンへ出して汁の中へ投入しました。
鴨肉だけでなく鶏肉なども混ざっているのかもしれませんね。
あ、鴨肉はやはり薄いスライス肉でしたよ。枚数も少なくて。少ないほど価値があるのでしょうか。v-8

よつば | URL | 2010年04月13日(Tue)16:13 [EDIT]


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。