FC2ブログ
 

四葉のクローバー/晴れの国岡山から

丸いもの

 たっくんは、丸いものが大好きだ。バーチャンが、お茶を出した後に小さなお盆を提げて歩いていると、すかさずたっくんが言う。
「それ、かして」  
「いいよ」
 たっくんは、にこにこして両手でお盆を持つと少し回転させながら部屋を行ったり来たりする。
「ブウー、ブウー、ブウーーーーー」
「それ、ハンドルのつもり?車運転しているの、じょうずだね」
「バーチャンも後ろについて」
「バーチャンもして」
「バーチャンもしてよ」
 何度も頼まれると重い腰も上げなくては。
こうして、バーチャンはたっくんの後ろのシャツをちょぃと引っ張って「ブー、ブウーブウーーー」と、たっくんの友達に変身するのだ。
 ある時は、写真立ての額の飾りがハンドルになった。周りは四角だが、中が楕円にくりぬいてあるものだ。
 中の写真はたっくんのお喰い初めの時のもので、写真立てはテレビの上の目立つ所に飾っていた。夏に二歳違いの弟が生まれたこともあり、たっくんの赤ちゃんの時のようすを見せてやろうと思った出したからだ。
 たっくんは遊びに来ると、すぐに見つけた。そして、弟が写っていると言う。「たっくんが写っているんだよ」と、教えても半信半疑のようだった。覚えていないから当然なのだが。幼児が自分が写っていると認識できるのはいつごろなのだろうか。
 たっくんは、写っている自分よりも、並べられているジュースや食べ物の方が欲しいようで、「このジュース飲みたい」と催促した。
 来る度にこの写真を持って遊んでいるうち、額を飾ってあるプラスチックが取れた。はがき大の四角に中を大きく楕円にくりぬいた形だ。
 このプラスチックの四隅には小さな薔薇の花とつぼみが浮き彫りにされ、楕円との間は薔薇のつるの繊細な曲線で埋められている。にぶい金色で塗られてアンティーク調に仕上げてある。
 たっくんは、この外れた額をハンドルにして御機嫌で遊んでいる。幼児も綺麗なものには敏感なのだろう。
 今一番のお気に入りのハンドルは、クッキー缶の蓋で、ピーターラビットとその仲間達が優しい色で写実的に描かれている。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する