四葉のクローバー/晴れの国岡山から

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

菓子・さが錦

 おみやげに「さが錦」という御菓子をもらいました。佐賀錦と言えば、和装バッグやぞうりに使われていることを知っています。高級品というイメージです。
 箱には「伝統芸術の佐賀錦は綱島家歴代藩主夫人の創作と工夫が奥女中に伝わり今に至ったものです。そのイメージを御菓子に取り入れ、国際食品コンクールモンドセレクションにて、3年連続金賞受賞。2008、2009年には2年連続最高金賞を受賞、国際的に認められた九州を代表するお菓子です」と、書いてありました。
菓子・さが錦
 まず、手に持ってどっしりと重みがあります。デザインも現代風でしゃれています。栗とあづきがありました。栗の粒が所々に見えていると思います。しっとりとしていて甘みも十分で1切れでも満足という感じでした。人気があるのがわかった気がしました。私としては、もう少し甘さ控えめでもいいかと思いました。ごちそうさまでした。感謝。
菓子・さが錦 2

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。