四葉のクローバー/晴れの国岡山から

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

鮒(ふな)飯

 スーパーの魚屋さんで鮒(ふな)のミンチを見つけました。小学生の頃に食べた味を思い出しました。鮒の肉を出刃包丁でトントンとたたき細かくしていくのです。小さな骨ごとたたきます。鮒(ふな)飯の香ばしい味を楽しみたくなって鮒(ふな)飯ミンチを買い求めました。最近、津和野へ行って「うずめ飯」を食べたので、丼飯に触発されたのかもしれません。うずめ飯はわさびが上に乗っているのが特徴でした。
鮒(ふな)ミンチ
 まず、鍋に油を敷いてからよく熱したら鮒(ふな)ミンチとしょうがのみじん切りを入れて炒めます。しょうゆ、酒、砂糖で下味をつけます。それから具材を炒めます。ごぼう、こんにゃく、しいたけ、人参、油揚げなどお好みでいいと思います。後は、だしと塩、しょうゆ、砂糖で味付けします。せりなどの季節の青物を上に散らすときれいです。私は、せりが無かったので代わりにカブの葉を小さく刻んで使いました。
 味の方は、珍しかったのでおいしかったです。時々小骨を歯や下に感じました。が、これもフナを食べているんだという気がして楽しめました。子どもの頃に食べたような感動はありませんでしたが、この時期の食べ物を味わったなあ、という思いがしました。
 鮒(ふな)ミンチを炒め初めは、魚臭かったですがよくよく炒め、またしょうがの効果もあってかほとんど気になりませんでした。
鮒(ふな)めし

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。