FC2ブログ
 

四葉のクローバー/晴れの国岡山から

ベビー服

 たっくんは、約二歳半の男の子だ。身長は九十センチ、体重は十二キロのごくごく普通サイズの幼児だ。
 ベージュのティーシャツと黒っぽいジーンズのズボンをはいた姿は、とても大人びて見え少年であるかのような錯覚をおこす。
 最近のベビー服は大人なみの装飾が付いていて、果たして赤ちゃんにとって着心地がいいのかどうか、本人に確かめられないのが、残念!(笑)
 たっくんの服は、ママがベビーショップや通販で買った物。バーチャンがバーゲンやリサイクルショップで買った物や知人から貰ったおさがりなど。というわけで、ほとんどお金をかけていない。
 私ことバーチャンがたっくんのパパを大阪で育てていた頃、預けていた保育園の保母さんが教えてくれた事がある。
「こんな新品の服高いでしょう。私はバザーで買った服でこども四人を育てたから、こども服は買ったことがなかった」
「ええーっ、そんな事できるのですか」
「こどもはすぐ大きくなるから、ほんの少しの間しか着られないでしょう、そんな所へお金をかけるよりもっと違う所へ使ったほうがいいと思うから、そうしたの」
 今でも覚えているこの言葉。ベビー服屋さんには申し訳ないが、日々の遊び着はよだれや食べこぼしや遊びで汚れる。汚しても破れても安心の服がいいに決まっていると思った。
 それからは、バザー情報を聞くと出かけて行った。今は、リサイクルショップが身近にあるのでとても便利であり、資源を有効活用しているという意味でも素晴らしいことだ。
 たっくんもリサイクル服を買ってあげると喜んで着てくれる。服は男の子らしい色になるので、冬に向けて家で着るパジャマは黄色、毛布はピンクに白い猫のついたのを選びママにもその旨を伝えておいた。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する