FC2ブログ
 

四葉のクローバー/晴れの国岡山から

れんこん(蓮根)

 八百屋のおじさんから安くれんこんを買った。皮むき器で皮をむくと真っ白な根が出てきて感動。上物だ。

 鍋に油を敷き、薄切りにしたれんこんを炒める。砂糖、酢、塩、旨み調味料、水少々を加えてじっくりと煮た。最後に七味唐辛子を振って食卓へ。

 しゃりしゃりとした食感と、甘酢のさっぱり感で、いくらでも食べられそうだ。れんこんは、天ぷら、五目煮、ちらし寿司などになくてはならない野菜だ。

 栄養も豊富で、ビタミンC、B6、B12、鉄、カリウム、銅、亜鉛、ムチン、タンニン、レクチンなどが含まれている。貧血の女性には最適の食材と言える。

 調理上気をつけなければならないことは、れんこんが嫌気性菌のボツリヌス菌を持っていることがあること。昭和59年に辛子れんこんで死者が出たことがある。

 これを防ぐには、れんこんを切った後にさらにきれいに洗い、ザルに上げて空気に触れさせてから調理することだ。今では、れんこんを扱う業者さんも十分気をつけられていると思う。

 熊本特産の辛子れんこんは、とてもおいしくて大好きだ。学生時代友人がおみやげに買ってきてくれ初めて食べたが、辛い物がだめだった私でも、とてもおいしくいただいた。熊本の友達、みんな元気かなあ。 

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する