FC2ブログ
 

四葉のクローバー/晴れの国岡山から

グロー・コールマン

 岡山市産が、全国生産量の9割を占める、温室ブドウ「グロー・コールマン」の品質を競う共進会が2008年11月13日、岡山市役所の1階で開かれたそうです。
 グロー・コールマンは、11月から1月上旬に市場に出回り、黒紫色で粒ぞろいのブドウがおいしそうです。2房入った1キログラムの箱が約2500円くらいで売られるそうで会場では、市価の3割安い1700円での即売も行われたそうです。
 「甘くておいしかった」と、試食した人のコメントです。
 最優秀賞には、岡山市福谷の伊丹保正さんのグロー・コールマンが選ばれました。

 こんな新聞記事を読んでいたので、食べたことのない「グロー・コールマン」とは、どんな味か気になっていたところ、グッド・タイミングでご近所の方にいただきました。
マングロー・コール
 まず、第一印象は、あっさりとしてみずみずしい味でした。そして、皮が薄いので、むかないでそのまま食べるとよいと思いました。マスカット・オブ・アレキサンドリアも通の人は、皮も食べます。
 そして、このグロー・コールマンにも種がありました。なので、種だけ出して食べてくださいね。
冬にもブドウが食べられる幸せをかみしめました。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する