FC2ブログ
 

四葉のクローバー/晴れの国岡山から

荒神様のお祭り

 荒神様のお祭りを前に、ご近所6軒で奉納する大蛇を作りました。
稲藁で上手に作ってあります。ユーモラスな顔が微笑ましいでしょ?



 2008年1月26日土曜日、朝8時から集合し、荒神様の庵の掃除、供え物の飾りつけをして宮司さんがこられるのを待つ。寒いので焚き火にあたったり、世間話をしたりと普段あわただしくて近所の人ともゆっくり話しができないので、こういう時があってこそ親しみがわくというもの。

 9時30分に宮司さんが来られ、お払い?お清め?をされた。


 10時に神楽太夫が2人こられて、神楽を奉納される。



 どんどんどどどん、太鼓の音が響く。歌に合わせてキビキビと踊る。
小さい時からよく見ている「備中神楽」は、懐かしく、特に大黒様の「福のたね」が子どもにとっては一番のお楽しみだ。
 
 青い着物の大黒様が、袋菓子を撒く。「キャー」「オー」「アー」と、このときばかりは、恥を捨てて無心に拾う。拾っている人の殆どは坂道にいるので、足元にご用心。大声も出してストレスを発散したところで終了となった。

 後は、お祭りの無事終了を祝う会があり、みんなでお昼のごちそうをよばれることに。
御酒も出るが、みんなそこそこで終わり、後は町内会のお話など。このお祭りは7年ごとと言われているが、実際は6年目に行なわれる。数え年と満年齢の違いと同じかな?

田舎でも世代交代の時期を迎え、祭りに出てくる人も、60歳台、50歳台、40歳台の人たちとなった。
みんなの気持ちが一つにならないと、こういう行事も廃れていくと思う。
日本独自の誇れる文化を続けていけたらと思う。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

大蛇なのにどことなくかわいらしいですね~。
どうして7年毎なのでしょう?

住民の高齢化が進み、祭りの担い手が亡くなると伝統行事が廃れてしまいますよね。
こういう行事はいつまでも守られて欲しいです。

ほの | URL | 2008年05月01日(Thu)18:30 [EDIT]


ほのさんへ

はい、ありがとうございます。v-238
かわいい大蛇になっています。

どういういわれで7年毎なのか、わかりません。
また、わかったらお知らせしますね。v-22

1人1人がやりくりして時間を作っています。関西に単身赴任の人もいるし、関西に住んでいるが、親が行事に出られないので代わりをしている人などです。

みんな地域を守るためにがんばっていますね。v-91

四葉 | URL | 2008年05月02日(Fri)15:46 [EDIT]


ありがとう

クローバーさん、おはようございます。
いつもコメント有難うございます。

クローバーさんからのコメントを拝見すると
元気が出ます。私にも味方がいてくれてるようで。
一人じゃ~ないんだなって。( ;_;)

こういう歴史の催しって…好きです。時代もんの。

ヒロロ | URL | 2008年05月07日(Wed)09:02 [EDIT]


ヒロロさんへ

おはようございます。

インターネットで心の通じ合える友達が増えると嬉しいでーーす。v-22

世の中、そうでなくても殺伐としています。し、ネット上は顔が見えないだけに、みんなで気持ちよく交流したいなと思っています。

ヒロロさんの元気なコメント、嬉しいでーーす。v-238

四葉 | URL | 2008年05月07日(Wed)14:44 [EDIT]