FC2ブログ
 

四葉のクローバー/晴れの国岡山から

果汁は生後7ヶ月から

 読売新聞の2008年4月19日付けの記事を読んで驚いた。

 離乳前の赤ちゃんに果汁を与える時期について、これまでは生後2~3ヶ月で早々と与えていたが、厚生労働省が、海外の研究などを基に1年前に「離乳準備期の果汁は栄養不足につながるので必要ない」とする指針をまとめていた、という。
 1960年代に当時の粉ミルクのビタミン不足を補うとして、早期の果汁が広まった。離乳やスプーンに慣れるとためとして勧められた。1991年から母子手帳にも「離乳前の赤ちゃんに果汁を飲ませていますか」と書かれていた。母親としては、母子手帳は教科書であるからこの通りに多くの母親が早期から果汁を赤ちゃんに与えていたと思う。

 こういう私も3人の子ども達に、離乳前からせっせとりんごやみかんを絞って与えていた。栄養不足の心配はあまりしないが、今から考えると未熟な赤ちゃんの腸には早期の果汁は、アレルギーの源となりうる可能性が高いと思う。

 早期に果汁を与える事で、口呼吸をしてばい菌が抵抗力のない赤ちゃんの身体に入るという説もある。2001年米国小児科学会は、果汁は栄養的に母乳や粉ミルクに劣るとして「生後6ヶ月間は飲ませるべきではない」と勧告した。WHOも2003年に母乳育児を推奨。2007年3月、厚生労働省は母乳育児推進を求める育児指導者向けの新指針を都道府県を通じ市町村へ通知した。これは、母子手帳が市町村によって作成されているからだ。

 何だかとても回りくどい方法で、しかも母親達に浸透しにくい。もっと新聞広告、テレビ等のマスメディアを使って、一刻も早く、子育てママの所へ情報を届けなければならないと思う。人の命にかかわること、取り返しのつかないことなので、厚生労働省、各自治体にはもっと真剣に取り組んでいただきたい。

 将来の日本を託す赤ちゃんが、すくすくと元気に育ちますように!!!

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

お天気はどうですか?

クローバーさん、おはよぉ~。(^o^)/
いつも来て下さって、有難うございます。

今朝は少しひんやりして、気持ちがいいです。
もうちょっとするとムシムシした、いちば~ん嫌いな時期に突入するんですね。
汗をかくのが大っ嫌いなんです。σ(^^;)

そうですよね~。りんごを擂ったり、いろいろビタミンとか考えて与えてましたよね?
それが赤ちゃんには逆効果だったんですか?そういえばウチの孫たちもそうですが、
アレルギーの子供が増えてますよね。

孫なんか、シーツを血だらけにするほど、ボリボリかいて可哀想なんです。

ヒロロ | URL | 2008年04月25日(Fri)08:21 [EDIT]


ヒロロさんへ

ヒロロさん、おはようー。相変わらず朝早いですねえ。v-238

今年は桜も遅かったし、稲の籾蒔きも遅いようです。

私はすごい汗かきで、冬でも急に汗をかいたりしています。更年期がなかなか去ってくれないのですね。
だから、汗は嫌いでもダメで、掃除機をかけたら着替えるという夏になります。アーア、でも、洗濯物がよく乾くのでその点はいいです。
梅雨はイヤですね。v-8

もうすぐ2歳のアトピーの孫がいて、赤ちゃんの時よりはだいぶましになっています。が、時々赤くじゅくじゅくした湿疹が出ています。かわいそうです。v-205v-22

四葉 | URL | 2008年04月25日(Fri)09:32 [EDIT]


こんにちは~!
こんな風にガラリと指針が変わると、子育て中の人は本当に戸惑いますよね。
昔は赤ちゃんの成長の様子に合わせて離乳を進めていたのに、今は○ヵ月から○○、△ヵ月から××、と教科書に沿ったかのように子育てをしてしまいがちですが、子供の様子をしっかり見てあげることが大切だと思います。

ほの | URL | 2008年04月26日(Sat)17:05 [EDIT]


ほのさんへ

いつも、コメントありがとうございます。v-238

初めての子育ての方はいろいろと不安が多いものですよね。それで、育児本などがよく売れているそうです。
そして、育児本の通りに育てようとすると生身の赤ちゃんはそうはさしてくれませんね。

昔はよかれといていた事が、後になってよくなかったということは多々あります。人間の命にかかわることは取り返しがつかないので、困ります。v-22

四葉 | URL | 2008年04月28日(Mon)11:02 [EDIT]