FC2ブログ
 

四葉のクローバー/晴れの国岡山から

ハワイ 一日目 (ポリネシアンディナーショウ)

 ホノルル空港には、顔の日焼けした体格の良い、日本人か日系の男性が待っていてくれた。空港の外で携帯電話を一人に一つずつ借りた。使った電話代のみ払えばよいとのこと。まいごになつた時とか、どうしても連絡をとりたいこともあるかも。

 小型バスに乗りホテル(SHERATON PRINCESS KAIULANI)へ到着。そこでは、ホテルの説明等をして細々と相談にのってくれる女性のコーディネーターがいた。この方も日本語ができるし、翌日の結婚式のだんどりも親切にしてくださった。いろんな打ち合わせで長時間になった。
 部屋に入れるのが、午後二時ということで、明日の結婚式に着るアロハを買いに行くことにした。まだ、右も左もわからないので、歩ける範囲の近くで探すことに。

 小さな店がひしめいていて、お客さんが集まっている場所に吸い込まれるように入ってみると、アロハシャツもたくさんの店で展示してある。ここぞと思う店に入って似合いそうなものを物色。派手なものにするか、地味なものにするかで迷う。しかし、ハワイの明るい太陽のもとでは派手なものが良いとの夫の意見で、そのようにした。
 夫は青に黄の花柄、私はピンクに白の花柄にした。

 昼は食事の当てが無いので、ABCストア(コンビニ)でスパムむすびやサラダ、ジュースなどを買ってホテルへ帰った。28階まで客室があるが、我々は20階の4室に別れての宿泊となった。バルコニーからの眺めは良かった。高層ホテルがたくさん林立している。残念ながら海やダイヤモンドヘッドは見られなかった。が部屋から見る必要はない。外に出ればすぐ海に行かれる。ベッドカバーがハワイアンキルトで、白に緑の葉っぱの模様が落ち着いた感じでよかった。

 夜はこのホテルの一階で行われるポリネシアン、ディナーショウにみんなで参加した。ポリネシアの人たちが船に乗ってタヒチ、ニュージーランド、ハワイへと渡った物語らしい。ポリネシアの迫力あるダンスや歌、炎やレーザーを使ったエキサイティングなショウであった。

 ディナーは、バイキング形式なので好きなものを取ってくる。ローストビーフと果物(すいか)とケーキ(ココナッツ)がおいしかった。すいかは日本のものほど甘くない。ケーキは甘いです。大勢の人たちで驚くとともに、半分以上が日本人のようだった。

 後で、ショウに出た人たちと写真を撮れて記念になってラッキーだった。

 

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する