四葉のクローバー/晴れの国岡山から

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

第23回瀬戸内倉敷ツーデーマーチ1

 2010年3月13日土曜日・14日日曜日の2日間で「瀬戸内倉敷ツーデーマーチ」という歩く会が催されました。今回が第23回目でした。私は、ごどもが小さい頃一度だけ参加したことがありました。確か10㎞だと思いますが、1日だけの参加で、最後にはこどもが歩かなくなっておんぶしてゴールにたどり着いた記憶があります。
 今回は夫婦だけの参加です。夫は例年40㎞を2日間参加していましたが、今回は事前の練習ができていないので20㎞を2日参加しました。私は5㎞を2日でも良かったのですが、出発までの待ち時間が2時間にもなるので、10㎞に変更しました。10㎞出発だと夫参加の20㎞がスタートしてから1時間後の出発となります。5㎞の出発ではもう1時間遅くなります。
 2デイ参加者数
 ちょっと、写真がまずかったです。参加者は1日目が4900名、2日目も4000名は超していました。「ツーデーマーチ」はいろんな県で行われていて、中国地方では岡山県真庭市、鳥取県倉吉市、島根県松江市・出雲市、山口県下関市・周南市、広島市などでも行われます。
酒津公園でチェック
 10㎞の初日は、酒津公園コースでした。倉敷市役所を10時に出発しお昼に酒津公園で休憩します。まず、確かに歩いて来たというチェックスタンプを押してもらいます。そして、御菓子を1つもらいました。その後、豚汁をいただきました。
豚汁
 寒い中を歩いて来たので、のども乾燥しお腹もすいていてとてもおいしかったです。里芋もとろけるようで最高でした。お弁当を頼んでここで引き替えて食べる方や持って来たお弁当を食べる方も多かったです。私は体が冷えない内に歩こうと思い、豚汁をいただいてからトイレを済ませるとすぐに歩き始めました。
時計台
 倉敷チボリ公園跡地の辺りで小雨が降り始めました。そして、倉敷駅裏の時計台がちょうど12時になり、しかけ人形が時計台から出てきました。チボリ公園は赤字でついに閉鎖されましたが、時計台だけは、取り壊されずにいました。跡地はほとんどが平地になっていました。倉敷市の公園になる辺りなのか、小さい屋根だけの建物が見えました。後にはアウトレットモールができることになっていますが、倉敷駅をはさんで南北の地域が調和のとれた発展をしてくれたらいいのにと思います。
倉敷美観地区
 倉敷美観地区を歩きました。有名な大原美術館もこの近くです。小雨のせいで傘をさしている人もいます。観光客の姿も多かったです。背中に白いゼッケンを着けている人達がツーデイマーチの参加者です。
 倉敷川には、船が出ていて観光客らしき人を乗せていました。そして、白鳥が1羽泳いでいました。
津山ホルモンうどん
 13時すぎには倉敷市役所へ到着しました。お腹がすいたので、最近岡山のB級グルメとして人気が出ている「津山ホルモンうどん」を食べました。あつあつの焼きうどんが、体を温めてくれました。また、無料で甘酒のサービスがありお代わりもさせてもらいました。たくさんのボランティアの方にお世話になり、無事に楽しく参加させてもらって有難かったです。道案内をしてくださったたくさんの方達、もてなしてくださった方達、運営に携わってくださった方達、ありがとうございました。

スポンサーサイト

PageTop

百鬼園随筆

百鬼園随筆
 岡山県出身の内田百の「百鬼園随筆」をインターネットで取り寄せました。楽天ブックスだと540円の本を1冊買うだけでも送料無料で手に届くのでありがたいです。読んだら次を買えばよいので、ツン読にならないところがさらにいいです。
 百鬼園随筆という題の通り「鬼」という字を使って、普通の人間とは少しかけはなれたおかしいところを真面目に書いているところが笑えます。今までに会ったことがないような不思議な人物が書かれています。
 内田百は、岡山市の酒造家の一人息子として生まれたので、お坊ちゃまの所があるように思いました。夏目漱石の門下に入り、芥川龍之介や鈴木三重吉などと親交を結んでいたそうです。東京大学独文科を出て、陸軍士官学校や海軍機関学校、法政大学でドイツ語を教えていました。その後昭和9年に文筆生活に入りました。
 岡山市出身ということで、岡山県では内田百の生誕100年に当たる1990年から「内田百文学賞」を募集しています。以前は2年ごとで長編小説も募集していましたが、今年から岡山が舞台か、岡山にかかわる人物、自然などを題材にした短編小説と随筆が募集されます。400字詰め原稿用紙20~50枚で、応募資格は不問。前回は県内外から147点が寄せられたそうです。締め切りは5月31日消印有効です。審査員は、小川洋子、奥泉光、重松清氏の3人です。問い合わせは、岡山県郷土文化財団(086-233-2505)まで。
 この本のカバー装画は、芥川龍之介の「百先生邂逅百先生図」となっています。この作品は昭和8年10月3日、三笠書房より刊行されたようでこの本は新潮社から平成14年に発行されました。
 解説は、川上弘美氏が書いています。この中で特に心に残ったのは、内田百が芸術院会員に推薦されて決まろうとした時に辞退した話です。「貧乏な自分には60万円の年金は有難いが、自分の気持ちを大切にしたいので、どんな組織にでも入るのが嫌だから辞退する」
 内田百の本をこれから少しずつ読んでいきたいと思います。

PageTop

サヨリ(細魚)

サヨリ
 サヨリ(細魚)をスーパーで見かけました。1パック198円でした。サヨリの干物はよく見かけますが、生はあまり見かけません。一度自分で一夜干しを作ったことがありましたが、おいしかったです。
 細魚と書いて、サヨリというだけあってこんな姿です。針魚とも書くようです。口の先端が針のようです。北海道から九州の沿岸で11月~5月に採れるそうです。体が銀色に輝いて美しく、口の先がちょっと赤くて、口紅をさしたようです。そこで、美人の魚と呼ばれています。また、腸わたを取ると中が黒いので、腹黒い女のことを「サヨリのような女」とも言うそうです。そんな例えに使われたら、サヨリがかわいそうですね。
 サヨリ(細魚)は、3月~5月が一番おいしいそうで、これから店頭でちょこちょこ見かけるかもしれません。脂肪が少なくて淡泊な味です。塩焼き、刺身、昆布締め、天ぷら、一夜干し、椀種に使われます。
 私は、簡単に調理しました。はらわたを取って軽く塩を振り、焼いてからポン酢で食べました。さっぱりとしておいしかったです。

PageTop

出雲大社

拝殿
 2月中旬、出雲大社へ参拝に行きました。小さい頃親と、学生時代に友と、職場の旅行でと思い出すだけで4回目となりそうです。出雲大社は、島根県でも東部にあるので岡山から行きやすい場所です。大国主命(おおくにぬしのみこと)を祀ってあります。八百万の神様を束ねているだいこくさまで、縁結びの神様として有名です。
 ご本殿は平成25年の平成の大遷宮のために修理中です。これは御仮殿で奥の白い建物がご本殿で、今修理のために白い建物で覆われています。
御守り
 雨にもかかわらず観光バスからたくさんの人が下りてきます。いろんな種類の御守りがありました。雨にも負けず参拝したので、御利益も多かろうと期待しています。お参りするときに、「住所・氏名」を心で名乗りよろしくお願いしますと祈るとよいそうです。テレビでパワースポットとかやっていた時に言っていました。
神楽殿
 出雲大社で有名なのは、大きな御しめ縄です。太さ3m、重さ1500kgもあるそうです。人間が小さく見えます。
 出雲大社の東隣りには、島根県立古代出雲歴史博物館があるようです。今回は見ることができませんでしたが、一度入ってみたいものです。平安時代の出雲大社本殿の1/10模型があり、巨大な階段と拝殿に圧倒されるそうです。
 また、出雲大社の西には、出雲大社の巫女であったと言われる出雲の阿国(歌舞伎の始祖)の墓があります。出雲大社から北西へ行くとウミネコで有名な日御碕灯台があります。出雲の名産品は、出雲そば、ワイン、海産物(宍道湖のしじみ)とち餅などがありました。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。