四葉のクローバー/晴れの国岡山から

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

もちつき

 12月29日にもちつきをしました。28日の昼過ぎに餅米を洗ってたっぷりの水に漬けておきました。12時間から24時間ぐらいは水に漬けた方がよいそうです。29日の10時前に餅米をざるにあげました。餅つき器が2升用なので、2升づつ水からあげていきます。よく水が切れたら、蒸し器に移しかえます。蒸し器には、専用の網の布を敷きます。餅米が蒸し器に付くと後で洗うのが大変なので、なるべく餅米が蒸し器に付かないようにするためです。
 蒸し器にこの布を敷き、餅米を蒸し器の8から9分目まで入れます。そして、この布の上の部分を中心へと折り込みます。そして、火を焚いている場所へ運びます。
水につけた餅米をあげた
 かまどの上に水をたっぷり入れたお釜をのせて湯を沸かします。その上に餅米の入った蒸し器(セイロ)を2段乗せます。上から蒸気が上がれば、下のセイロは十分蒸し上がったことになります。燃やす木は、山から切ったいらない木などです。
餅米を蒸す
 十分餅米が蒸し上がったら、餅つき器へ入れます。少し蒸気を抜いてからスイッチを入れて底にある羽根を回転させます。15分から30分でつき上がります。5回つくので、15分ほどで切り上げました。つき上がると、水を少し入れると餅が浮き上がってくるので、すかさずつかんでもちとり用の大きな器へ移します。この時には、餅とり粉を器に振っておかないといけません。そして、テーブルにも餅とり粉を振っておき、手でちぎってもちを置いていき、丸めます。もちを切りとる人が1人、丸める人が2人は必要です。この他に火の番をする人、餅つき器の係りなどいれば楽にもちつきができます。餅を丸めるにもコツがあります。ただ回転させるのではなく、微妙な力加減と左右の手の回転のバランスが必要なようです。
餅つき器
 丸めた餅は、もろぶたという木の箱へ入れたりします。たくさんつく時には、畳の部屋へござを敷き、その上へ新聞を3枚ほど敷き、その上へ白い紙を敷いて、その上に丸餅を並べて冷まします。寒い時なので乾きが早く、一晩経つとポリ袋へ入れて冷蔵庫へしまうことができます。冷蔵庫へ入れておけば、カビの心配がなくて安心です。
 こうして、今年も雑煮をおいしくいただけました。豆餅は、大豆をお湯に漬けてふやかしておき、蒸すときに餅米の上に乗せて一緒に蒸します。つきあがったら、なまこ状に形を整えます。そして、翌日には必ず切っておきます。日にちが経つと、固くなって包丁が入りにくくなりますから。豆餅もしょうゆをつけて海苔巻きにするとおいしいですね。

スポンサーサイト

PageTop

クリスマスを祝う

 孫達を呼んでクリスマスパーティーです。とは言ってもメインは、手作りケーキと鶏足のローストと「ゆめのさんぽみち」さんのポテトサラダのリースを参考にして作ったサラダです。
 こうして写真に撮って見ると、ケーキにも緑のアンジェリカ(ふきの砂糖漬け)などをさして彩りよく飾り付ければ良かったと反省です。鶏足もおいしいと喜んでくれました。私はただ焼いただけですが。
クリスマスケーキ
 「ゆめのさんぽみち」さんのサラダで作ったリースは、とてもリースらしかったです。くるみが乗せてあって葉っぱも違います。子どもが小さいので、くるみは乗せませんでした。ちょうど、ベルや星のくりぬき型があったので使ってスライスチーズを切り取りました。一番にベルを食べられましたけど。ポテトサラダの上に、ブロッコリーとミニトマト、切り取ったチーズを飾りました。ハムなどを切り取ってもいいですね。後は、カキ鍋をみんなで食べて温まりました。
サラダでリース

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。