四葉のクローバー/晴れの国岡山から

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

いちごケーキ

 久々にケーキを作りました。末娘のためのケーキですが、みんなでいただくために2個作りました。森永のモントンというスポンジ材料を使って作ったので、あまり手間がかかりませんでした。しかし、生クリームなどの飾り付けの時間もいれると、焼く時間も入れて3時間弱かかりました。
いちごケーキ
 スポンジを横に二つ割りにして、いちごとクリームをはさみました。4歳と2歳の孫を呼んで、飾り付けの場面を見せました。これで、おばあちゃんの株もあがるというもの。ウシシ。
 初めは、手で泡立てていましたが、途中で「しまった」泡立て器でやるべきだったと後悔しました。手がだるい、痛いで、次の生クリームの泡立てなどとてもできないと思いました。そこで、泡立て器を出して2個目のスポンジを焼きました。
 泡立て方、焼き時間など微妙に違って、同じ材料でもふくらみの悪いのと、焼きがきついのとできました。焼き時間は箱に書いてある時間の最低時間(40分)にしましたが、焼きすぎだったので、2個目は焼き時間を減らしました。
 作ってみるといろいろとコツがあるようです。ももの缶詰なども加えたらおいしいかも。トッピングももっとフルーツの種類を多くしたら彩りがよくなるでしょうし、次に作る時の参考にしようと思います。

スポンサーサイト

PageTop

冬の彩り

 久しぶりにサイクリングしました。目につくのは、実のなる木と花でした。
ハッサク
 山の縁の畑にみかんの木が一本ありました。黄色い実がきれいで元気をくれるような色でした。ハッサクかなと思いましたが、どうでしょうか。ここら辺りはほとんど霜がが降りないので覆いなどしなくても実が傷むことがないようです。
きんかん
 これは、金柑の木です。あまりにたくさんの実がついていたので、余所の庭の木ですが、一枚撮らせてもらいました。実が小さくてよく見えませんが、たくさんの実の数に驚きました。
ピラカンサス
 ピラカンサです。中くらいの鳥が3羽ほどにぎやかに食べていました。が、私が近づくと一斉に飛び立ちました。何という鳥かわかりませんでした。あまりに立派なピラカンサなので、撮影しました。日当たりがよいので実が大粒でおいしそうです。これでは、鳥たちも集まってきますね。たくさん食べてインフルエンザに罹らないで欲しいです。
南天
 南天も見事なものを見つけました。南天を庭に植えている家庭がよくあります。難を転ずるといって縁起が良いからでしょう。我が家でも裏庭の家の北東の箇所に植えています。日当たりがよくないですが、それなりに育っています。この南天は、余所の家の表の庭に植えられていたものです。お日様をいっぱいに受けてのびのびと育っていました。青い空とのコントラストが綺麗だと思います。
 お天気もよく少し汗ばむくらいの運動量でした。楽しい一人サイクリングでした。

PageTop

静電気対策

 今日のお昼の「おもいっきりTV」で静電気の対策についての特集をしていました。
私は、車から出るときに指先に「バチッ」と衝撃を受けて「痛い」と困っていました。が、車のキーを持って車体にタッチすると「バチッ」とこないと教えてもらってから、車の時は安全になりました。 
 お風呂に入る時の服を脱ぐ時に、「バチバチ」と服と服とが音をたてます。あれは嫌ですね。

 そんな体験があるので、真剣に見ていました。
 静電気で、髪や肌があれたり、免疫の低下、アレルギーを発症したり、疲れやすくなったりするそうです。静電気を人が帯びることで、ゴミや花粉などが人に引き寄せられて、それらを吸入することで体調不良を起こすようです。

 服がビリッとするのは、衣服の生地の組み合わせが悪いそうです。

ウール
ナイロン
レーヨン
綿


ポリエステル
アクリル

 上にいくほど+が強く、下にいくほど-が強いそうです。+や-が近い物の方が、「バチッ」とこないそうです。ウールとアクリルの組み合わせが一番電気が起こることになります。

*ドアノブでの静電気の防止には、手に革のサイフ、または手袋をつけて回すとよいそうです。
*風呂場での着替えの時には、足や膝などを壁に着けてから服を脱ぐとよいそうです。
*車から降りる時には、片手を車のボディ(車体)につけたまま車から降りるとよいそうです。
 これからは、私は着替えの時には壁に足を着けてやってみます。別に足は上げなくてもかかとの辺りや足先などを壁につけるとよいようです。

PageTop

岡山市のゴミ袋が有料に

 岡山市では、2009年2月1日から、家庭ゴミを出す場合に岡山市指定の有料のゴミ袋を使わなければいけません。いままでは、ありがたいことに無料でした。しかし、岡山市の財政も逼迫している今、市に甘えてばかりではいけませんね。我が家では今までのようにゴミを出すと、1ヶ月に約1000円程度かかりそうです。

 有料にすることで、一人一人がゴミの減量について真剣に取り組むようになると思います。私も、生ゴミを減らしたり、コンポストを使って堆肥にしようか、といろいろ考えています。
 ヘットボトル、トレーなどは、いつも行くスーパーへ持って行けば、いつでもリサイクルに回してもらえるのでとても便利です。そして、そういう対応のないスーパーへは足が遠のくということになりますね。
 新聞紙、広告、雑紙、ダンボールなどは、今は紙の値段がいいのか、定期的に業者さんが取りに来てくれますから、ありがたいです。岡山市のリサイクルの方へ出してもいいですね。

 ゴミ袋は、4種類があり、10枚が1組でスーパー、コンビニで1月15日から販売が始まりました。
45L袋セットは500円、30L袋セットは300円、20L袋セットは200円、10L袋セットは100円です。一番大きい袋が割高ですね。とりあえず、30Lの袋を使って試してみようと思っています。

 岡山市から、1月末までに全世帯に、ゴミ袋全種類17枚が郵送されてくるそうです。2歳までのこどもがいる家庭などにも何枚か無料支給があるようです。対象の人は申請が必要なようです。
問い合わせは、岡山市環境事業部(086-803-1297)

 リサイクルできるものは、クサイクルにまわし、生ゴミはなるべく出さないように、そして、1月中に少しでも家の中のいらない物を減らしておこうと思いますが、果たして減るでしょうか。このところえらい寒いので、体の動きが悪いですから。
 

PageTop

シャットネラ

 テレビニュースで「シャットネラ」という聞き慣れない言葉を言っていました。
 何でも東京湾にシャットネラという植物性プランクトンが大量発生し、赤潮ができて養殖ハマチが全滅したと言っていました。
 2008年末から、三浦、三崎、千葉、富浦などの東京湾中心に赤潮が発生したそうです。
テレビでは、「シャットネラ」は、夏場に発生する毒性の強いプランクトンと言っていました。が、よく調べてみると魚が死ぬのは、シャットネラの大量発生によって魚のエラにシャットネラが詰まり、呼吸ができなくなって窒息死するようです。
 シャットネラの大量発生の原因としては、
1.川などから流れてきた窒素などの栄養素が増えたため。
2.猛暑での水温の上昇。
 このような条件が揃ったら、植物性プランクトン・シャットネラは異常発生するようです。

 以前に発生した「シャットネラ」の情報
 2007年8月中旬には、有明海で赤潮が発生しました。黄土色に濁った帯状の海域が現れたそうです。ここでは、諫早湾の大干拓との関連も調べられているようです。

 2004年夏には、瀬戸内海各地で初めてシャットネラの被害が確認されたそうです。それ以前にも瀬戸内海ではシャットネラの赤潮が見られているようでした。

 今回の東京湾の赤潮は、冬の時期でもあり、何とも不気味な感じがぬぐえませんね。

 藤田紘一郎博士が前に言われていたことを思い出しました。
コレラ菌が日本海全域に生き残っていて、海水が上昇するとどこかで目をさますということを。そうすると、生の魚介類は口にできません。魚介類はよく焼いてたべなければなりません。
 そして、一旦コレラが発生すると感染防止が大変です。アジア型コレラだと死亡率20%と言われていました。
 お刺身、にぎり寿司が大好きですが、どうすればいいの?今の内に食べておくかな。
 今年の夏場からは、魚介類には十分用心した方がいいなと思い始めています。

PageTop

世界遺産・二条城

 世界遺産・二条城を見学しました。
 二条城は、1603年に将軍徳川家康が、京都御所の守護と将軍上洛時の宿泊所として作りました。その後、徳川家光が伏見城の遺構を移して完成しました。桃山文化の建築・絵画・彫刻を堪能できます。
1867年、15代将軍徳川慶喜の大政奉還により、二条城は朝廷のものになりました。
1884年、離宮となり、1939年には京都市に下賜されました。
1994年、ユネスコの世界遺産に登録されました。
2003年、築城400年を迎えました。
二条城地図
 二条城を上から見た図ですが、右が北に相当します。水色は外堀、内堀で水が流れています。
上の真ん中の四角い所が本丸御殿のあるところで、下の半分に二の丸御殿があります。
二の丸御殿
 これが、国宝の二の丸御殿です。
武家風書院造の代表的な御殿建築ということです。車寄せにつづいて遠侍、式台、大広間、蘇鉄の間、黒書院、白書院と6棟が東南から西北にかけて雁行(雁が飛んでいく形)に並んでいます。
 部屋数33,畳800畳あまりという、とてつもない大きさでした。各部屋の障壁画は狩野派の絢爛豪華なものでした。欄間の彫刻、飾り金具など職人の技のすごさに驚きました。部屋の中の撮影は禁止されていました。紫外線から内部を守るためにうぐいす張りの廊下の障子も締め切ったままなので、御殿の中は薄暗い状態でした。江戸時代もきっとこの位、暗かったのではないかと思いました。
二条城・唐門
 唐門と呼ばれている立派な門です。ここから将軍も出入りされたのですね。自由に見られる、城の中へも自由に出入りできる良い時代に生まれたことに感謝です。
本丸御殿
 天守閣跡から本丸御殿を写しました。
1626年徳川家光の命により増築されましたが、1750年に5層の天守閣が雷火で焼失、1788年には大火による類焼で本丸も焼けました。
 現在の建物は、京都御苑内にあった旧桂宮御殿を1893年から1894年に移されたものです。
向こうに見える山は、大文字山とか、近くの人が言っていましたが、位置がよくわからない私は、「そうなんか」と思ったしだいです。合っているのでしょうか。

PageTop

京都・嵐山

 渡月橋
 京都・嵐山の有名な渡月橋です。東側から渡り、西から東を見た写真です。左側が上流で大堰川、その上流が保津川です。右側は桂川と呼ばれています。
 嵐山は春は桜、秋は紅葉が美しく古からの行楽の地でした。平安貴族の別荘地として使われ、船遊びも盛んだったようです。
大堰川
 この写真は、渡月橋から上流の大堰川を写したものです。
嵐電、嵐山駅
 12月中旬だったので、嵐電、嵐山駅前の広場にりんごを飾ったクリスマス・ツリーがありました。とてもかわいかったので撮ってみました。大きいりんごと小さいりんごを組み合わせて作ってありました。時々、りんごに触れていく人がいますね。もちろん、私も触ってみました。美空ひばり
 お店が並んでいるところに「美空ひばり館」がありました。美空ひばり館の前で時間もないので
、記念撮影をしただけで帰りました。昭和の偉大な歌手「美空ひばり」さん、亡くなられてもあの歌声はいつまでも日本人の心に響き続けると思います。彼女の歌には確か1/fの揺らぎがあって癒される声とか言っていましたね。
 他には、人力車が目立ちました。外人さんも乗っていましたよ。オルゴール館、嵯峨野コロッケ、湯豆腐なども有名なのかな。久々の京都を味わいました。

PageTop

能勢妙見山

 12月の中旬、日帰りのバス旅行に行きました。大阪能勢から嵐山へ、そして世界文化遺産の二条城を見学するというコースでした。
 大阪の能勢妙見山を参拝するのは初めてでした。バスがすれ違うのがやっとという登り道をだいぶ上っていきました。駐車場からすぐに鳥居が見えました。
能勢妙見鳥居
 能勢妙見山の鳥居を入って右側に、能勢頼次公の銅像がありました。能勢妙見山を開基した人で、戦国時代から江戸時代にかけて活躍されたそうです。一時期滅びた能勢家を再興させた能勢中興の人として知られているようです。
 武士をまつっていることから、馬を奉納されていました。像ではありましたが、参道の両脇に全部で4頭いました。
妙見山の馬
 今にもこちらに駆けつけてきそうな勢いに圧倒されました。馬の鞍の辺りに見える十字架のような模様は、ここの家紋なのでしょうか。
妙見、星
 この建物は「星嶺」と呼ばれています。「星嶺」は、妙見大菩薩の降臨をイメージして信仰のルーツである「星」と能勢家の家紋である「矢筈」をモチーフにデザインされているそうです。妙見大菩薩は、北極星を真理の象徴とする北斗信仰が起源となっているようです。 
 ガラスと木で作られていて、真上から見ると矢筈が浮かんでいる極めて象徴的な外観を持つ星嶺は世界的な建築家、高松伸氏の設計で、第40回BCS賞(建築業協会賞)に選ばれたそうです。
 歴史的な建物の中にある、この斬新で現代的な建物は、違和感なくこの地に調和していました。木とガラスという自然素材でできているからでしょうか。中にも自由に入ることができました。時間がなくてゆっくりとできなかったことが残念でした。
妙見寺務所
 あまり広い場所ではありませんが、建物が参道の両脇にこじんまりときれいに並んでいました。
一番大きな建物が寺務所でした。この写真の建物です。本堂も写真に撮ろうとしましたが、人が多いのと、本堂の中が金色に輝いていて、写真に撮るのは恐れ多いと思いやめました。
妙見、水
 これは、「浄水堂」です。この浄水堂の柱には「4代目中村歌右衛門」の銘があって、150年前に寄進されたことがうかがえるそうです。「妙」は美しい「見」は姿で、「美しい姿」ということから江戸時代より役者など芸能人の信仰があつかったそうです。
 龍の細工が立派でした。やはり、星形の文様が見えました。
この水で手を洗いましたから、少しは御利益があって欲しいものですね。鐘もついて帰りました。
初めての参拝でしたが、満ち足りたものを感じました。良かったです。

PageTop

2009年おめでとう

 2009年がやって来ましたね。
 年末から円高が進み、自動車などの輸出が激減して派遣社員の人達がたくさん職をなくしました。会社の寮などをすぐに追い出された人達もいたようで、今までにない大変なお正月を体験されている人も多いようです。
 昨年は、年金の不安、食の安全の不安、医療の不安など不安の目白押しという状況でしたが、正に年末に派遣切りという大きな衝撃が待っていました。

 2009年の幕開けは、不安からの幕開けです。
 不安に押しつぶされても仕方ないので、気持ちを明るく持って生活しようと思います。
政府には景気回復を早急にと思いますが、他国との深い関連があるのですぐには無理のようです。

 イスラエルとパレスチナの戦争に、フランスのサルコジ大統領が和解交渉に乗り出したという、明るいニュースも流れています。日々傷ついている人達を、見て見ぬふりをしている世界の人達。サルコジ大統領の決断力、勇気に拍手を贈ります。和解交渉は、なかなか難しいと言われていますが、何とか良い方向へと祈らずにはおられません。

 2009年、健康一番でいきたいと思います。
気まぐれブログに、今年もおつき合いをよろしくお願いします。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。