四葉のクローバー/晴れの国岡山から

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

はしかワクチン

 2008年4月から5年間、1歳、小学校入学前、中学1年生、高校3年生相当の年齢の人も、はしか・風疹(混合ワクチン)の予防接種の対象になる、と厚生労働省が広報している。

 2008年も、昨年に続きはしかが大流行しそうな兆しだそうだ。
国立感染症研究所・感染症情報センターの発表では、2008年の年明けから13日までの2週間で計145人だった患者数が、14~20日の1週間だけで180人増となり、急増しているとのこと。
都道府県別では、神奈川県が163人、福岡県65人、東京都36人、北海道34人。患者は、都市部を中心に増えているそうだ。

 2007年には、高校、高専、大学がはしかで休校というニュースが続いた。10歳~29歳の麻疹・成人麻疹が多くみられた原因として、保護者の「はしか」に対する恐ろしさの認識不足とワクチンに対する誤解(副作用)があるからとも言われている。

◎はしかの予防接種は、弱いウィルスを接種するからめったに麻疹(はしか)にはかからない。
◎卵アレルギーの人は、拒絶反応が出る。(卵を材料に作られているから)
◎抗体ができるまでに1ヶ月ほどかかる。
◎予防接種でほとんど抗体がつかない人もいる。


 2003年3月から4月、宮崎県内の小・中学校ではしかの感染者400人のうち、2/3は予防接種を受けていなかった。はしかが流行すると、ウイルスが強いのでたちまち感染してしまう。予防接種を受けていれば、重症・感染のリスクが抑えられる。
「以前は、一度予防接種を受ければ、一生免疫が続くと思われていたが、徐々に免疫は下がり、また免疫のできない人、大人でもはしかにかかるというように変わってきた」らしい。
 とにかく、はしかに罹ると、「とても、しんどい」のである。
高熱39度から40度、発疹(鮮紅色、やや隆起、身体全体に出る)、咳、鼻汁、下痢など。
合併症が恐ろしい、ウイルス性脳炎、肺炎、中耳炎、細気管支炎など。

 私の長男も赤ちゃんの時にはしかの予防接種を受けたが、はしかに罹った。予防接種を受けてから確か1ヶ月は経っていたと思う。免疫ができないケースだったのだろうか。そして、近くに住む同い年の女の子ははしかに罹ってから肺炎になり、入院1ヶ月ほどした。赤ちゃんの入院は親子ともども大変だ。

 はしかの予防接種は、体調の良い時期に、早期に受けられることをお勧めします。

スポンサーサイト

PageTop

果汁は生後7ヶ月から

 読売新聞の2008年4月19日付けの記事を読んで驚いた。

 離乳前の赤ちゃんに果汁を与える時期について、これまでは生後2~3ヶ月で早々と与えていたが、厚生労働省が、海外の研究などを基に1年前に「離乳準備期の果汁は栄養不足につながるので必要ない」とする指針をまとめていた、という。
 1960年代に当時の粉ミルクのビタミン不足を補うとして、早期の果汁が広まった。離乳やスプーンに慣れるとためとして勧められた。1991年から母子手帳にも「離乳前の赤ちゃんに果汁を飲ませていますか」と書かれていた。母親としては、母子手帳は教科書であるからこの通りに多くの母親が早期から果汁を赤ちゃんに与えていたと思う。

 こういう私も3人の子ども達に、離乳前からせっせとりんごやみかんを絞って与えていた。栄養不足の心配はあまりしないが、今から考えると未熟な赤ちゃんの腸には早期の果汁は、アレルギーの源となりうる可能性が高いと思う。

 早期に果汁を与える事で、口呼吸をしてばい菌が抵抗力のない赤ちゃんの身体に入るという説もある。2001年米国小児科学会は、果汁は栄養的に母乳や粉ミルクに劣るとして「生後6ヶ月間は飲ませるべきではない」と勧告した。WHOも2003年に母乳育児を推奨。2007年3月、厚生労働省は母乳育児推進を求める育児指導者向けの新指針を都道府県を通じ市町村へ通知した。これは、母子手帳が市町村によって作成されているからだ。

 何だかとても回りくどい方法で、しかも母親達に浸透しにくい。もっと新聞広告、テレビ等のマスメディアを使って、一刻も早く、子育てママの所へ情報を届けなければならないと思う。人の命にかかわること、取り返しのつかないことなので、厚生労働省、各自治体にはもっと真剣に取り組んでいただきたい。

 将来の日本を託す赤ちゃんが、すくすくと元気に育ちますように!!!

PageTop

値上げ

 4月から、様々な物が値上がりした。牛乳、醤油、食用油、ビール、国内線航空運賃、電気料金、ガス料金などだ。

 値上がりは、穀物や原油価格の高騰のためとか。

小麦価格の急騰は、中国などの需要拡大、アメリカのバイオエタノール増産による転作での生産減、オーストラリアのかんばつによる不作が大きな影響を与えているようだ。

 原油価格の高騰の原因は、中国やインドなどの新興国の経済発展による需要の増加、産出国の生産能力の停滞、ハリケーンの被害による供給の低下、投機的資金の流入によるものなどがあるそうだ。

 4月1日から始まった値上げ、さあ、庶民はどのように工夫して暮らして行こうか。いろいろと思案をしなくてはならないようだ。
 食の安全を守るために、食品もよく吟味して買わなければならない時代で、食費はうなぎのぼりの状態である。レシートもちゃんととって、1ヶ月の集計をしてみないといけないなあと思う、今日この頃です。

PageTop

スケートリンク

 男子フィギュアスケートの花形選手といえば、倉敷出身の高橋大輔さん(22歳)です。
 高橋大輔選手が育ったスケートリンクが、閉鎖問題で揺れています。保養施設「ウェルサンピア倉敷」が4月末で閉鎖されることになっています。

 3月31日に高橋大輔さんは、スケートリンクの存続を訴えるために「チャリティーエキシビションIN倉敷」(倉敷のスケートリンクの存続を願う会主催)に出演されました。

 高橋選手は記者会見で「このリンクがなければ僕はスケートを始めていなかった。幼いころの楽しい思い出が詰まったこのリンクがなくなるのはつらい」と。

 荒川静香さんの育ったリンクも存続の危機にあるということを、前に聞いたことがあったが、どうなったのだろう。バブルがはじけて、高齢者からも年金から健康保険料を差し引くというお国柄なれば、赤字のリンクなどさっさと潰してしまうかもしれない。

 芸術、文化は無益と思われるところから、じっくりと花が咲いてくると思う。
値上げ、値上げの攻勢に庶民は何の力にもなれない。
なんとか、「ウェルサンピア倉敷」存続の道は開けないものだろうか。

倉敷には、チボリ公園問題もいまだ解決していないが、土地の所有者であるクラボウ㈱がなんとか倉敷チボリ公園を立て直して欲しいと思う。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。