四葉のクローバー/晴れの国岡山から

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

津山の干し肉

 岡山県北部にある津山市の名物、干し肉がテレビで紹介されていました。ビーフジャーキーなどは、5~10日程度干すそうですが、津山の干し肉は、半日だけ干すそうです。正にこの時期に作られています。
 牛肉を細長く切った厚みのある肉の表面に、塩をもみ込んでから干します。表面は乾燥し、中身は生という感じで出来上がります。保存食にもなります。高級な黒毛和牛から作られた干し肉もあります。
 食べ方は、切って焼いて食べてもよいし、塊のままじっくりと焼いた後に切って食べてもよいそうです。この干し肉を食べると、かめばかむほど味が出るそうです。干し肉を使った料理には、チャーハン、焼きおにぎり、生春巻き、サラダなどもあります。
 売られている干し肉の値段は、250gが1200円、420gが2000円とお店によっても、元の材料の肉質によっても値段は変わってきます。
 この地区周辺は、牛をたくさん飼っている地域なので、新鮮なホルモンもたくさんあります。最近、テレビの「ケンミンショウ」で、「ヨメナカセ」と言う食べ物が紹介されていました。
 この「ヨメナカセ」は、牛の心臓の血管だそうで、昭和30年代からこう呼ばれていたそうです。コリコリとした食感で、いつ飲み込めばいいのかわからないくらいの歯ごたえのようです。1バック500円程度です。
 私は、県南部なので、まだ、どちらも食したことがありません。一度食べてみたいと思います。
それから、この地区には、「津山ホルモンうどん」という大変有名なB級グルメがあります。
 「津山ホルモンうどん」の特徴は、牛の胃袋、腸などの内臓から摂った肉が、4~5種類入っています。味噌としょうゆをブレンドした焼き肉のたれ風の自家製ソースで、うどんと一気に焼き上げたものです。ホルモンの旨みがにじみ出て、独特のコクが生まれ、パンチのある味になっています。2010年09月19日に開催された 「第5回B級ご当地グルメの祭典!B-1グランプリin厚木」における投票で4位になりました。
 津山から北西に約30kmのところが、蒜山高原ですが、ここの「ひるぜん焼きそば」は、「第5回B級ご当地グルメの祭典!B-1グランプリin厚木」で2位に輝きました。岡山県の食べ物が2つも入るということは、光栄です。
 そして、来年は「かきおこ」(牡蠣をお好み焼きに入れたものです)も、岡山県南部日生(ひなせ)のご当地グルメとして参戦するもようです。
 地元の食材を生かした食べ物が全国的に有名になるのは、地域おこしとしても大歓迎です。3者ともにがんばっていただきたいと思います。

スポンサーサイト

PageTop

mai maiのパン

マイマイ(mai mai)のパン
 岡山市北区問屋町にあるmaimai(086-241-3141)のパンをいただきました。一つ一つがずっしりと重く手応えを感じました。食べると天然酵母のような香りがしました。そして、もちもちした食感でおいしく、食べ応えがありました。
 中には、ジャム、かのこ、チョコ、カレー、ベリーロール、シナモンロール、しその葉が乗った梅ささみなど多彩です。お手頃の値段でもっちりとしておいしいと評判のようです。
 カフェとマーケット(お皿などの食器類や多肉植物などの販売も行われています)も有名です。ランチメニューとしてサンドランチとごはんランチがあります。ランチは、数量限定でサラダ・スープ・ドリンク付きで850円だそうです。スイーツとしては、ケーキ、パフェ、プリン、ムースなど他にもたくさんあります。
 来客が多い時には少し待たなければならないようですが、開店時間は、朝8時から25時までで、ラストオーダーは、24時までだそうです。定休日は第一火曜日です。長時間の営業には頭が下がりますね。
 

PageTop

岡山天体物理観測所

天文台もなか
 「天文台もなか」をいただきました。初めて食べましたが、あんがいっぱい入っていておいしかったです。天文台の形が面白いし、かわいいです。
 岡山県の天文台と言えば、岡山県南西部・浅口市鴨方町の竹林寺山にあるここの天文台が一番有名です。正式には、国立天文台岡山天体物理観測所と言うようです。昭和35年に東京大学東京天文台の付属施設として開設されました。
 私たちが小学生の頃に作られたので、学校からも見学に行きました。その時に教えてもらった正式名は「東京大学東京天文台岡山天体物理観測所」というものでした。長々しい名称だからこそ、おもしろがって覚えたものでした。
 ここの特徴は、日本最大級の188㎝の反射望遠鏡があることです。他にも91cm、50cmの反射望遠鏡や65cmのクーデ望遠鏡があります。日本の持つ大きな望遠鏡の第一位はハワイ島のすばる望遠鏡で口径8.2m、第二位は兵庫県のなゆた望遠鏡、第三位が岡山天体物理観測所の望遠鏡となります。
 国立天文台岡山天体物理観測所がこの場所にできた理由は、年間を通して晴れの日が多く、大気が安定しているからだそうです。星の観察には、澄み切った夜空が何よりも必要ですから。
 この施設は、平日・休日を問わず朝9時~午後4時まで見学ができます。ただし、工事中や鏡の蒸着作業中(毎年6月の前半に行われます)は、見学停止となります。受付・守衛所で記帳し、見学室なども見ることができ無料となっています。
 近くには、浅口市営の岡山天文博物館もあり、プラネタリウムや展示物が見られます。有料で大人300円、中・高校生は200円、小学生は100円だそうです。毎週月曜日が休みですが、その他にも休みがありますから、電話やホームページなどで調べてから見学に行ってください。岡山天文博物館の電話は、0865-44-2465 です。
 設立当時からすると、街や工場や家庭からの光害が増えているそうです。文明の証しである照明ですが、不必要な灯りはなるべく消してエコに努めたいものですね。そして、光を上の方に向けて照らすことは止めたいものです。梅雨があければ美しい星空が戻ってくるでしょう。そう言えば七夕も近くなりましたね。

PageTop

備中国分寺(五重塔)

 5月の連休中は、備中国分寺(岡山県総社市)にある五重塔の中を見せてもらえました。中学生の頃この塔に登らせてもらったことがあります。その頃にもこの像たちはあったのでしょうか。狭い階段と薄暗かった印象しかないのですが。
 この五重塔は、1990年(平成2年)からの部分解体工事の途中で大型台風19号に遭い破損した為に、全面解体工事に切り替え約3年半を費やして修復されました。約3億5千万円をかけて現在の美しい姿になりました。
五重塔内部東
 初層部分の内部を東側から見た所です。大日如来を中央芯柱として、東から右回りに、阿閦如来(あしゅくにょらい)、宝生如来(ほうしょうにょらい)、阿弥陀如来(あみだにょらい)、不空成就如来(ふくうじょうじゅにょらい)の四如来を五智仏として配置し、金剛界の五智如来を構成しています。
これは、白い象に乗った阿閦如来(あしゅくにょらい)様です。
五重塔内部西
 五重塔の内部西側におられる阿弥陀如来(あみだにょらい)様は、孔雀の上に乗られています。南側に位置する馬の上には、宝生如来(ほうしょうにょらい)様が乗られていますが、良い写真が撮れませんでした。たくさんの人が並んでお参りされているので、ゆっくりとカメラを構えることができませんでした。扉を四方に開けているので、そこからの光が入り、しかし塔の四隅は非常に暗く、光のコントラストがきつすぎるためと思われます。(カメラはど素人のため、カメラもかな)
五重塔内部北
 五重塔の内部北側におられる不空成就如来(ふくうじょうじゅにょらい)様は、鳳凰の上に乗っておられました。そして、鳳凰の下には、竜の姿も見えます。動物たちは極彩色で塗られていました。でも、よく見ると1つ1つの色は、そんなにけばけばしい色ではないようです。金色をたくさん使っているから派手派手しく感じられるようです。
 備中国分寺は、741年(天平13年)聖武天皇が天災や飢饉(ききん)から国や人民を守ろうとして建てたものです。ですから、現代人にとっても心のよりどころになり得ると思います。立派な建物が身近にあることを誇りにしたいと思います。

PageTop

第23回瀬戸内倉敷ツーデーマーチ2

 第23回瀬戸内倉敷ツーデーマーチの2日目です。10㎞コースは、源平史跡コースです。まず、藤戸寺に着きました。
藤戸寺
 藤戸時は、藤戸海峡から出て来た観音様をお祀りしてあります。佐々木盛綱の再建した真言宗のお寺です。
 1184年12月7日の藤戸源平合戦で、源氏の武将佐々木盛綱が厳寒の海を馬で渡り、平家の陣に一番乗りして斬り込み大勝したそうです。その時に佐々木盛綱は、先陣の功名をたてたいために、海峡の浅瀬を教えてくれた若い浦人を刺し殺し海に沈めました。その浦人の母は「佐々木と言えば笹まで憎い」と小山の笹をむしりとったという話があり、謡曲「藤戸」にその哀話が語られているそうです。
佐々木盛綱像
 今では、橋の中程に佐々木盛綱の立派な像が建てられています。
花ゴザ
 途中、天城小学校でチェックを受け、豚汁もごちそうになりました。そこで、携帯で夫と連絡を取り、しばらく待って合流しました。帰り道には、倉敷の名産である花ゴザが土手に干してありました。
寒桜
 この土手には、寒桜がたくさん植えてありました。疲れた足取りもこの寒桜に励まされて軽やかになりました。この土手には、早くもつくしが出ていたようで、歩く途中でつくし引きを楽しんでいる人もいました。また、この川へ対岸の寒桜が写りとても美しい光景となっていました。私は歩くのに集中していて、撮ろうとした時にはシャッターチャンスをのがしていました。また、来年ということにしましょう。
ばち入りお好み焼き
 倉敷市役所へ帰ってからは、「うどんのばち入りお好み焼き」を食べました。手延べうどんを作る時に棒でうどんを延ばしますが、棒に着いている所がバチのように平たくなってしまいます。そこを使ってお好み焼きにしているのです。もちもちとした食感でおいしかったです。 岡山県では鴨方(かもがた)がうどんで有名です。
 また、甘酒をごちそうになりました。そして、景品の当たるくじの抽選を見て帰りました。残念ながら当たりませんでした。この2日間で下半身の脂肪が燃えているといいのですが、どうでしょう。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。