四葉のクローバー/晴れの国岡山から

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

殺人ダニ

 殺人ダニの話を初めて聞きました。中国では、3年4ヶ月で557人が刺され、18人が亡くなったそうです。
 刺されると40℃の高熱が出て、血小板が減るそうです。昨年死亡者が出た河南省のある山間部の村では、農薬に対して従来のダニが耐性を持ち変異した新種ではないかとうわさされているようです。ダニが媒介するウイルスが人体の細胞内に侵入し、血小板と白血球を激減させ、ウイルスは伝染性があるとみられています。
 日本では、平成21年までの5年間に470人が発症、18年と20年には死者が出たそうです。愛媛県の女性は4年前に刺されたそうで、風邪の症状が出て、声も出せない、体も動かせなかったそうです。
 日本紅斑熱は、1984年に徳島県で発見され、2007年には宮崎県で4件、全国で98件確認されたそうです。
 この殺人ダニの正体は、マダニです。日本紅斑熱(リケッチャ・ジャポニカ)という病気だそうです。
 秋の行楽シーズンの10月と日本紅斑熱のピークが重なるので、注意が必要とのことです。刺されてもかゆくないそうで、米粒大の紅斑が手足、掌、顔から全身に広がります。治療が遅れると、多臓器不全などを起こします。
 マダニは、公園の水辺の森の葉っぱの裏にいます。人間の出す物質を感じると、飛んで来て付くそうです。
 予防法としては、ズボンの裾は、靴下の中へ入れ、長靴をはきます。長袖、軍手を着用し、その上から防虫スプレーをかけるとよいそうです。
 実際には、なかなかそんな重装備は難しいと思いますが、殺人ダニがいることを知っているだけでも違うと思います。自然に癒されたいのに、ダニが付いては本当に困りますね。

スポンサーサイト

PageTop

2010年インフルエンザ・ワクチン

 ニュースで、今年(2010年)のインフルエンザ・ワクチンのことを扱っていました。
 今年のインフルエンザ・ワクチンは、新型インフルエンザと季節性インフルエンザの両方のワクチンが一つの注射に入っています。
 WHOの発表では、南半球でのインフルエンザの流行は、昨シーズンに比べて、インフルエンザはあまり流行しなかったそうで、強毒性もなかったそうです。
 北半球では、12月頃からインフルエンザの流行シーズンに入ります。ワクチン接種後、2~4週間後に免疫がつくので、11月に入る前に接種を受けておくと安心のようです。インフルエンザ・ワクチンは、1シーズン(3~4ヶ月)は持つそうです。
 今年は、ワクチンが十分にあるので、優先接種は行われません。費用は、地区で違うようですが、上限が3600円というところらしいです。所得税非課税世帯は、無料になるようです。65歳以上は、2000円だそうです。
 実際にインフルエンザが流行してみないと、毒性が強いか、弱いかは分かりません。なるべく、インフルエンザ・ワクチンの接種を受けておきたいと思いました。

PageTop

プゴク(韓国のスープ)

 テレビの健康番組をよく見ます。この間プゴクという韓国のスープが紹介されていました。
二日酔いの旦那さんから、朝調子が悪いのでプゴクのスープを作って欲しいと頼まれたそうです。二日酔いの続いた旦那さんの希望でプゴクを続けた所、奥さんの肌も見違えるようにきれいになったそうです。
 この美肌になったという言葉がいいですね。プゴクの作り方は、以下のとおりです。
プゴクの作り方
1.干しダラ(スケトウダラ)約30gを細かくさいて、ごま油小さじ1杯で炒めます
2.お湯約400ccを適量入れます
3.ダシダという韓国のだしの素(粉末)を大さじ1杯ほど入れ3分ほど煮込みます
4.唐辛子や刻みねぎをトッピングします
 あっさり味のスープだそうで、韓国では食堂での定番メニューのようです。二日酔いを覚ます効果があり、高たんぱく、ビタミン豊富、カルシウム、鉄分も多く、低カロリーでダイエット食にもお勧めだとか。
ダシダ
を手に入れたら一度作りたいと思っています。ダシダには、牛肉味、カタクチイワシ味、貝味などがあります。

PageTop

そら豆しょうゆ

そら豆しょうゆ
 この醤油は、そら豆と食塩だけで作った醤油風調味料です。小麦や大豆アレルギーの人が使っている醤油です。夫は約1年前に蕁麻疹が出始めました。夕食後に出る事が多く、唇が腫れたりもしました。食べ物との関連かと調べたら、どうも大豆アレルギーのようでした。(医者にかかりましたが、アレルギーの原因物質を特定することは難しいと言われました)
それから、半年あまりは、大豆抜きの食生活をしました。その際に買っていたそら豆しょうゆですが、賞味期限が11月13日に迫ってきたので、もう使いきらないとと思っています。
 半年は、豆腐、あげ、みそ、しょうゆはもちろんのこと、加工食品(多くの食品に使われています)、パン類、御菓子類なども裏の原材料名の中に大豆が入っていないか確かめて、入っている物は一切使わないようにしました。
 中でも一番困ったのが、みそでした。みそ汁、味噌味など、みそに代わる味ってないからです。ケチャップは大丈夫ですが、マヨネーズは使えませんでした。油を厳選して手作りマヨネーズでしたらOKですが、そこまではできませんでした。
 半年の養生の末に、夫はめでたくジンマシンを克服しました。それまでは、冬場の家の換気などもおこたっていたように思います。今では季節にかかわらず朝起きたら、一定時間換気扇を回して室内の空気の入れ換えをしています。

PageTop

明治プロピオヨーグルトLG21

LG21
 タケシ監督がCMで宣伝している(いた?)リスクを減らすヨーグルトです。そのリスクって何ですか?と聞きたくなるでしょう。薬ではないので薬効とは言えず、はっきりと言えないようです。
 もう、10年も以前から、この明治プロピオヨーグルトLG21を食べています。このLG21を種にしてヨーグルトメーカーを使い牛乳をベースにヨーグルトを作ります。1Lの牛乳に対してこのLG21を1/3びん入れます。そして、12時間くらい軽く保温して作ります。
  LG21は、常食することでヘリコバクターピロリ菌を減らす効果があります。実際に数ヶ月食べた後に、ピロリ菌の呼気検査を受けたら、ピロリ菌が少しの量なので除菌しなくて良いと言われてしまいました。ピロリ菌は胃潰瘍や胃がんの原因となります。WHOもヘリコバクターピロリ菌を確実な発がん物質と認めているそうです。
 ヘリコバクターピロリ菌は、水道施設の普及していなかった時代に飲み水から感染したそうです。ですから、幼少時代に田舎に住んでいた人は、罹っていると思います。胃腸に不安があっても検査を受けたことの無い人は、一度ピロリ菌の有無を確かめられた方がよいですね。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。