四葉のクローバー/晴れの国岡山から

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

愛媛県のおみやげ

タルト
 愛媛県のおみやげを二人の方にいただきました。と言っても、どちらも早1ヶ月も前になりますが。写真は撮っていてもなかなかブログにアップできなくて、遅れ遅れになっています。
 「栗タルト」は、愛媛県の名物です。「タルト」は江戸時代に生まれました。松山藩主、松平定行公が長崎奉行として赴任した時に、ポルトガルから伝わった「トルタ」というジャム入りのロールカステラを食べてたいそう気に入られたそうです。
 松山藩主、松平定行公は、松山へ帰ってから菓子職人にトルタを作らせました。そして、ジャムの代わりにあんを巻いた「タルト」の製法を考案したのです。それからは、殿様菓子として今に伝わっています。
 ハタダはあんに栗を入れた「ハタダ御栗タルト(栗が丸い状態で入っている)」を1996年に新発売し、モンドセレクションの特別金賞を受賞しています。
 ハタダ栗タルトは、餡の中に刻み栗が入っています。また、餡には伊予特産の柚子も入り良い香りが漂ってきます。香り豊かな柚子餡と、刻み栗とが生み出すまろやかな味わいが特徴です。お茶といただくと本当においしい御菓子です。あらかじめ切ってあるのもいいですね。包丁で切ると端がスパッと切れなくて、せっかくの高級菓子もぶざまになりかねませんから。
 
しょうがせんべい
 これは、石鎚山へ行った方からのおみやげです。しょうがが大好きな私はにっこり笑顔になります。
 石鎚山は、愛媛県のほぼ中央に位置します。四国山地では西部に当たります。標高は1982mで近畿以西の西日本の最高峰だそうです。修験道の山として知られ、また、日本百名山、日本百景の一つでもあります。最高峰は、天狗岳なので、この御菓子にも天狗の絵が描かれています。
 一度は石鎚山にも行ってみたいと思います。岡山からは、しまなみ海道・西瀬戸自動車道を通れば簡単にいくことができるようになりました。だから、愛媛県にも旅行に行かれる人も多く、おみやげをいただくことも多くなります。ごちそうさまでした。

スポンサーサイト

PageTop

青じそでシソジュース

青じそ
 昨年、青じその種をまいて育てた場所に、今年の春たくさんの青じその芽が出ていました。昨年の秋に落ちた種から自然に発芽した物です。紫蘇は強いですね。草を取り肥料をまいて大切に育てたところ、みごとに大きくなってくれました。所々には赤ジソも生えています。
 いくら青じそが好きと言っても、生ではそうそう食べられません。そこで、青じそでシソジュースを作ってみることにしました。普通は赤じそで作りますが。
シソジュース
 青じそに少し色づけとして赤ジソを加えて、シソジュースを作りました。インターネットで作り方を調べると、茎ごと煮出す方法もありました。いちいち葉っぱを取る手間が省けるし、茎からも栄養が出るだろうから今回はこの方法でやってみました。
 紫蘇の味わいの深い、おいしいシソジュースが出来上がりました。小さめのペットボトルに入れました。薄めて飲む時にやりやすいからです。色も適当に薄いピンク色が着いておいしそうに見えます。
 紫蘇ジュースの作り方は、水約3リットルに適量の青じそと青じそ(よく洗っておきます)を入れて、煮出します。火を止めて冷めてから紫蘇を取り出します。小さなゴミは目の細かいザルなどでこします。また、火にかけてクエン酸(薬局で売っています)を大さじ1杯と砂糖1kgを入れてよく混ぜ溶かします。以上で出来上がりです。冷めたらペットボトルに分けて入れて、冷蔵庫で保管します。
 孫達が大好きなので、ほとんどが孫の口に入ります。添加物の入らない飲み物なので安心して飲めます。紫蘇は、風邪の予防、食中毒の改善、神経を落ち着かせる作用、免疫力の増強などの効果が期待できるそうです。シソジュースを飲んで、この夏の猛暑に負けないようにしたいです。

PageTop

ハマユウの発芽

ハマユウ
 ハマユウの球根を植えていましたが、やっと芽が出ました。和歌山県の潮岬へ旅行した時に、潮岬の展望台で売っているのを見つけ買って帰りました。和歌山県の最南端の高温多湿の地域と岡山県の瀬戸内海の温暖な気候の違いから発芽は難しいのかなと思っていました。が、見事に葉っぱを伸ばしています。
 球根が半分地上に出ていますが、ハマユウの植え方の紙にそのように植えるよう書いてありました。3個植えましたが、芽が出たのは2つだけでした。この先、花が着いてくれるのかどうかはわかりません。野生に咲いているものだから病気などには強いと思いますが、温度や湿度がハマユウに合うかどうか。
 とにかく今年の暑い夏は、ハマユウにとっては快適なのかもしれません。寒くなってからの管理が難しそうです。

PageTop

頂き物・お土産

 沖縄の紅いもタルトをいただきました。紅いもがしっとりとして柔らかかったです。色がきれいですし、紅いもの食物繊維とビタミンCが健康によさそうです。
紅いもタルト
 次のは、伯方(はかた)の塩を使った、塩チョコリーフバイです。サクッとした外皮と塩味の効いたチョコが珍しい味でおいしかったです。今、天然塩のブームですね。この御菓子は、香川県高松市で製造されていますが、伯方(はかた)の塩は愛媛県今治市伯方島の産です。この塩はにがりをほどよく残してあり、ほんのりと甘さを感じます。昔の製法の流下式塩田塩をお手本に作られています。
塩チョコリーフパイ
 これは、京都の生八つ橋です。イチゴあん味、抹茶味、黒ごま味、スタンダード味の4つがセットになっています。この他にももも味などのいろんな味が作られています。種々の味作りに挑戦している生八つ橋の会社の姿勢にお客の方が驚くくらいです。
生八つ橋
 昔からある八つ橋です。固くて、ガリッと歯ごたえを感じて食べるのが好きです。噛むほどにニッキの味がしてきて癒されます。ニッキ好きにはたまりませんよ。
 ニッキとシナモンの違いは、何なのでしょうか。どちらもクスノキ科の木から取れます。ニッキは日本肉桂で2~3種類あるようです。もう日本での栽培は少ないようです。樹皮の香りはあまりなく、根の皮は香りが強く辛味も強いそうです。
 カシアというのが、日本で一番多く売られているそうで、樹皮の表面のコルク層をつけたまま丸めて乾燥した物で、シナモンに比べて香りが強いそうです。
 シナモンは、樹皮のコルク層を取ってから、何枚も重ねて丸めています。香りが最も爽やかで、辛味もないそうです。シナモンと呼べるのは、今ではスリランカ産のみだそうです。カシアの主な生産地は、中国、タイ、ベトナムなどだそうです。とにかく、アップルパイ、プリン、カレー粉、ソースなどに使われて、食欲をさそってくれます。
八つ橋
 と言うことで、なんだかんだと5月、6月とお土産をいただきました。甘党の私には嬉しいことですが、こまめに体重計に乗って体重の管理も必要のようです。

PageTop

苗(見切り品)

オステオ・エリザベス
 5月の上旬だったと思います。ホームセンターへ行ったら、痛んだ苗を格安で売っていました。1鉢が50~100円でした。水不足のせいでしおれていました。地に植えれば何とか回復してくれるだろう、また、来年花を見せてくれればいいかなと、軽い気持ちで買いました。
 苗を植え、その周りの土へ鶏糞を混ぜておきました。水は日曜日ごとにたっぷりとやっていました。何と驚くことに、花芽が次から次へと出て楽しませてくれます。この花は、オステオ・エリザベスという名前のようです。最近よく見る花のようですが、名前は知りませんでした。花びらが大きくて華やかです。
オステオ・白
 この花もオステオシリーズです。白い花がデージーを思わせます。虫さんが好きなようで、花びらを食べています。あまり食べられるようなら、薬をしないといけませんね。これから、株が大きくなっていきそうで楽しみです。
ファッション・オレンジ
 この黄色い花は、ファッション・オレンジという名前がついていました。タンポポに似ています。これは、冬の花壇を彩るという説明が書いてありましたが、冬に咲けなかったので、今一生懸命咲いているのでしょうか。こちらとしてはありがたいことですけれど、真反対の夏になってしまいました。
ブルー・ムッツ・忘れな草
 最後の花は、ブルー・ムッツ・忘れな草です。「忘れな草をあなたに♪、あなたに♪」の歌にある忘れな草は、この花のことなのでしょうか。今まで忘れな草を知りませんでした。
 小さなブルーの小花は、あまりに小さくて印象に残らないこともあり、忘れな草という名前がついたのでしょうか。色もきれいで、小花もかわいいですから、株もどんどん大きくなって欲しいです。さざんかの木の下に植えました。木陰のような場所が良いようです。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。