四葉のクローバー/晴れの国岡山から

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

コスモスと菊

コスモス
 知人の花畑で8月2日に撮したコスモスの花です。コスモスといえば、秋の涼風に優しく揺れる姿を想像しますが、このコスモスは、真夏の暑さにも負けずに美しく咲いていました。
 お盆をすぎると赤トンボやシオカラトンボの姿をよく見るようになりました。ガンガンと照りつける真夏日が今年は少なかったですが、季節が来るとトンボはきっちりとその姿をみせてくれます。
 今夏は各地で集中豪雨が起こり、被害も多大なものになりました。エルニーニョ現象の影響と言われています。これからは、毎年こんな夏になるかもしれません。予測不能の集中豪雨は怖いです。今まで何十年も災害に見舞われていない場所が突然の大災害を受けるのですから。
 台湾の南部の被害は、本当に悲惨です。たくさんの方と家が土砂に埋まりました。一日も早く復興できるように祈るだけです。
夏菊
 この夏菊も花好きの知人が育てた花です。玄関先に鉢植えで置いてありました。くっきりとした白い縁取りと濃いピンク色が新鮮に目に映りました。夏菊と言えば、白、黄などのシンプルな菊を想像していたので、この夏菊にびっくりしました。夏は菊を育てるのも大変です。私も小さな庭に夏菊を植えているのですが、世話不足、水不足でちよっとかわいそうな状況です。黄色い花を咲かせてくれたのですが、よく鑑賞しないうちに花はかれていました。来年に向けて養生をしてやりたいです。
 

スポンサーサイト

PageTop

四葉のクローバー

2009四葉
 5月22日、田植えの前の代かきという作業を夫がしている時に、私は鍬で畦(あぜ)の内側を左官さんの要領で泥を塗りつけていました。この作業は田の水漏れを防ぐ目的で行います。稲は水稲と言うぐらいですから、生育の第一条件は水です。いつもは水がたっぷりの方が良いです。7月頃には田を干します。これは、根を張らせて強くすることができます。台風などで風が吹いても稲が倒れないようにします。稲作りにもいろんな要所があるようです。稲作りを初めてまだ数年なので、毎年改良すべきところが見つかります。完璧という年はないです。
 そんな仕事中に、毎年四葉のクローバーが生える場所をじっくりと探すと、ありました。1つ見つけました。クローバーの花の右横にありますね。今回はそっとしておきました。そして、他の四葉も探しませんでした。ここは、年に何回も草刈り機で刈る場所です。よく出てきたねと言いたいです。
あざみ
 川べりの道では、あざみを見つけました。ピンクっぽい紫が華やかです。子どもの頃からよく見て育ちました。この花を見ると「めえ、めえ、森のこやぎ・・・葉っぱであんよをけがしたの」を思い出します。小さい頃はやぎを家で飼っていて、やぎの乳を沸かして飲んでいました。その頃の家族や生活のシーンが思い出されますね。
スイレン
 この前いただいたスイレンの苗を甕に植えました。3株いただきました。とりあえず、3株をいっしょに植えました。また、大きくなったら植え替えようと思います。いつ花が咲くか、とても楽しみです。
さくらんぼ
 近所の家に大きなさくらんぼの大木があります。取りにおいでと声がかかったので貰いに行きました。さくらんぼ狩り状態です。売っているさくらんぼに比べると小粒です。甘酸っぱい実がおいしいです。上の方は小鳥が食べに来ます。でも、あまりにたくさんの量なので、小鳥も人間も取り切ることはできません。雨に降られると実がはじけ、そこから腐ってくるので食べられる時期は本当に短いのです。そして、一気に熟してしまいます。ブルーベリーなどは徐々に実が熟れてきますが。
 毎年、この時期にさくらんぼを楽しませてもらっています。ありがたいです、感謝。

PageTop

悲惨な事件

 岡山駅で25日午後11時ごろ、とても悲惨な事件があった。
テレビニュースで一番に取り上げられているから、皆さんご存知だと思う。

 大阪府大東市の18歳の高校を卒業したばかりの少年が、岡山駅のホームから岡山県職員の男性(38歳)の背中を押し、この男性は入ってきた電車にひかれ、翌朝出血性ショックで亡くなられた。
ご冥福をお祈り申し上げます。

 小さなお子様が2人いて、子煩悩ないいパパ。仕事熱心で、明るい方という。突然に、パパを失った家族の気持ちを察すると言葉が無い。そして、私達もいつ悲惨な事件に巻き込まれるかも知れないという恐怖がある。

 何の面識もない人を死に追いやるという、短絡的な考えに背筋が寒くなる。
世界的に見てもこういう事件が増えてきた。日本は銃が規制されているから、その点はまだましかもしれない。

 18歳の少年は、勉強がよくできたらしい。進学希望だったが家庭の事情で、1.2年働いてお金を貯めてから大学進学をしようと、親と話あっていたとか。真面目な子と友達が言うほどの子。親にとって良い子を演じていた面もあったかと思う。

 悲惨な事件は、次々に発生している。今の世の中が作りだしているのだと思う。すぐにはよくならないであろうが、そして、その原因は複雑に絡み合ったものであろうが、一本一本解きほぐして何とか住み良い日本に、地球になって欲しい。

PageTop

「ねんきん特別便」

ポストを見ると、私宛の「ねんきん特別便」がある。
「えーっ、私に何の用事があるの」と、いう感じ。

早速開封してみる。
よくよく読んでみると、独身の時からのあわせて8年間の共済年金が、統合されていないようだ。

というのも、共済退職後に大阪府から岡山県へ引っ越したことが、統合されていない一因のようだ。
国民年金と厚生年金の記録には間違いはなかった。それ以前の共済の記録がなかった。

共済年金は別物という意識があり、国民年金番号を1人が一つになった時も、そういう手続きをしなかったからかな。年金を貰う時にも、独自に共済年金に届け出をする必要があり、なかなか手続きが面倒である。貰うことが大事で自分のためだから、面倒がってはいられないけれど。

思いもよらず、「ねんきん特別便」が来て、年金が増えるのなら楽しみがあるのだが、そういうわけではない。共済年金の方へはすでにおおよその額を尋ねているし、国民年金の方は、満額になるまで納めるつもりなので増減はない。

60歳からは、お小遣い程度。63歳からは少し増え、65歳から満額もらえることになる。
この歳になると、あちこち身体の不調も出てくるし、健康でいることが大事になりそう。
世の中も厳しく、不安定、不安なことが多く大変だが、よく考えてみるといつの時代もそうだったような気がする。

日本は、戦争に加担しているかもしれないが、とりあえず国土には平和がある。
何やかや言っても、日本は歴史があり、豊かで、自然もまだまだ美しい。
感謝の気持ちを持って生きていきたいですね。



PageTop

1周年

 2008年2月27日にブログを開始して、1年間が過ぎました。
始めの頃は、ページが増えていくのが嬉しくてよく書いていました。文字ばっかりでは味気ないので、写真をつけることを学びました。これは、今でもサササッとできないので、面倒だと思っています。

 1人でもくもくと書いているだけでは面白くなくて、書いたからには誰かに読んで欲しいと思うようになり、他の方のブログを読ませてもらってコメントを書かせてもらったり、リンクをはらせてもらったりと、かなり積極的に行動したと思います。

 実生活での多忙、健康状態などによりなかなか新しい記事が書けない時期もありました。が、こんなブログでもいつも気に掛けて読んでコメントを書いてくださる仲間がいて、とても励まされております。みなさんのお陰で1周年を迎えられたと思います。

 またまた、こんな状態が続くと思いますが、めでたく2周年を迎えられるように、根気、根性とは縁遠い私ですが、そこそこ頑張っていきたいと思っています。
 相変わりませんが、よろしくお願いします。そして、たまたま検索等で立ち寄られた方も、お気軽にコメントを書いていただければと思います。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。