四葉のクローバー/晴れの国岡山から

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

津山の干し肉

 岡山県北部にある津山市の名物、干し肉がテレビで紹介されていました。ビーフジャーキーなどは、5~10日程度干すそうですが、津山の干し肉は、半日だけ干すそうです。正にこの時期に作られています。
 牛肉を細長く切った厚みのある肉の表面に、塩をもみ込んでから干します。表面は乾燥し、中身は生という感じで出来上がります。保存食にもなります。高級な黒毛和牛から作られた干し肉もあります。
 食べ方は、切って焼いて食べてもよいし、塊のままじっくりと焼いた後に切って食べてもよいそうです。この干し肉を食べると、かめばかむほど味が出るそうです。干し肉を使った料理には、チャーハン、焼きおにぎり、生春巻き、サラダなどもあります。
 売られている干し肉の値段は、250gが1200円、420gが2000円とお店によっても、元の材料の肉質によっても値段は変わってきます。
 この地区周辺は、牛をたくさん飼っている地域なので、新鮮なホルモンもたくさんあります。最近、テレビの「ケンミンショウ」で、「ヨメナカセ」と言う食べ物が紹介されていました。
 この「ヨメナカセ」は、牛の心臓の血管だそうで、昭和30年代からこう呼ばれていたそうです。コリコリとした食感で、いつ飲み込めばいいのかわからないくらいの歯ごたえのようです。1バック500円程度です。
 私は、県南部なので、まだ、どちらも食したことがありません。一度食べてみたいと思います。
それから、この地区には、「津山ホルモンうどん」という大変有名なB級グルメがあります。
 「津山ホルモンうどん」の特徴は、牛の胃袋、腸などの内臓から摂った肉が、4~5種類入っています。味噌としょうゆをブレンドした焼き肉のたれ風の自家製ソースで、うどんと一気に焼き上げたものです。ホルモンの旨みがにじみ出て、独特のコクが生まれ、パンチのある味になっています。2010年09月19日に開催された 「第5回B級ご当地グルメの祭典!B-1グランプリin厚木」における投票で4位になりました。
 津山から北西に約30kmのところが、蒜山高原ですが、ここの「ひるぜん焼きそば」は、「第5回B級ご当地グルメの祭典!B-1グランプリin厚木」で2位に輝きました。岡山県の食べ物が2つも入るということは、光栄です。
 そして、来年は「かきおこ」(牡蠣をお好み焼きに入れたものです)も、岡山県南部日生(ひなせ)のご当地グルメとして参戦するもようです。
 地元の食材を生かした食べ物が全国的に有名になるのは、地域おこしとしても大歓迎です。3者ともにがんばっていただきたいと思います。

スポンサーサイト

PageTop

殺人ダニ

 殺人ダニの話を初めて聞きました。中国では、3年4ヶ月で557人が刺され、18人が亡くなったそうです。
 刺されると40℃の高熱が出て、血小板が減るそうです。昨年死亡者が出た河南省のある山間部の村では、農薬に対して従来のダニが耐性を持ち変異した新種ではないかとうわさされているようです。ダニが媒介するウイルスが人体の細胞内に侵入し、血小板と白血球を激減させ、ウイルスは伝染性があるとみられています。
 日本では、平成21年までの5年間に470人が発症、18年と20年には死者が出たそうです。愛媛県の女性は4年前に刺されたそうで、風邪の症状が出て、声も出せない、体も動かせなかったそうです。
 日本紅斑熱は、1984年に徳島県で発見され、2007年には宮崎県で4件、全国で98件確認されたそうです。
 この殺人ダニの正体は、マダニです。日本紅斑熱(リケッチャ・ジャポニカ)という病気だそうです。
 秋の行楽シーズンの10月と日本紅斑熱のピークが重なるので、注意が必要とのことです。刺されてもかゆくないそうで、米粒大の紅斑が手足、掌、顔から全身に広がります。治療が遅れると、多臓器不全などを起こします。
 マダニは、公園の水辺の森の葉っぱの裏にいます。人間の出す物質を感じると、飛んで来て付くそうです。
 予防法としては、ズボンの裾は、靴下の中へ入れ、長靴をはきます。長袖、軍手を着用し、その上から防虫スプレーをかけるとよいそうです。
 実際には、なかなかそんな重装備は難しいと思いますが、殺人ダニがいることを知っているだけでも違うと思います。自然に癒されたいのに、ダニが付いては本当に困りますね。

PageTop

2010年インフルエンザ・ワクチン

 ニュースで、今年(2010年)のインフルエンザ・ワクチンのことを扱っていました。
 今年のインフルエンザ・ワクチンは、新型インフルエンザと季節性インフルエンザの両方のワクチンが一つの注射に入っています。
 WHOの発表では、南半球でのインフルエンザの流行は、昨シーズンに比べて、インフルエンザはあまり流行しなかったそうで、強毒性もなかったそうです。
 北半球では、12月頃からインフルエンザの流行シーズンに入ります。ワクチン接種後、2~4週間後に免疫がつくので、11月に入る前に接種を受けておくと安心のようです。インフルエンザ・ワクチンは、1シーズン(3~4ヶ月)は持つそうです。
 今年は、ワクチンが十分にあるので、優先接種は行われません。費用は、地区で違うようですが、上限が3600円というところらしいです。所得税非課税世帯は、無料になるようです。65歳以上は、2000円だそうです。
 実際にインフルエンザが流行してみないと、毒性が強いか、弱いかは分かりません。なるべく、インフルエンザ・ワクチンの接種を受けておきたいと思いました。

PageTop

mai maiのパン

マイマイ(mai mai)のパン
 岡山市北区問屋町にあるmaimai(086-241-3141)のパンをいただきました。一つ一つがずっしりと重く手応えを感じました。食べると天然酵母のような香りがしました。そして、もちもちした食感でおいしく、食べ応えがありました。
 中には、ジャム、かのこ、チョコ、カレー、ベリーロール、シナモンロール、しその葉が乗った梅ささみなど多彩です。お手頃の値段でもっちりとしておいしいと評判のようです。
 カフェとマーケット(お皿などの食器類や多肉植物などの販売も行われています)も有名です。ランチメニューとしてサンドランチとごはんランチがあります。ランチは、数量限定でサラダ・スープ・ドリンク付きで850円だそうです。スイーツとしては、ケーキ、パフェ、プリン、ムースなど他にもたくさんあります。
 来客が多い時には少し待たなければならないようですが、開店時間は、朝8時から25時までで、ラストオーダーは、24時までだそうです。定休日は第一火曜日です。長時間の営業には頭が下がりますね。
 

PageTop

愛媛県のおみやげ

タルト
 愛媛県のおみやげを二人の方にいただきました。と言っても、どちらも早1ヶ月も前になりますが。写真は撮っていてもなかなかブログにアップできなくて、遅れ遅れになっています。
 「栗タルト」は、愛媛県の名物です。「タルト」は江戸時代に生まれました。松山藩主、松平定行公が長崎奉行として赴任した時に、ポルトガルから伝わった「トルタ」というジャム入りのロールカステラを食べてたいそう気に入られたそうです。
 松山藩主、松平定行公は、松山へ帰ってから菓子職人にトルタを作らせました。そして、ジャムの代わりにあんを巻いた「タルト」の製法を考案したのです。それからは、殿様菓子として今に伝わっています。
 ハタダはあんに栗を入れた「ハタダ御栗タルト(栗が丸い状態で入っている)」を1996年に新発売し、モンドセレクションの特別金賞を受賞しています。
 ハタダ栗タルトは、餡の中に刻み栗が入っています。また、餡には伊予特産の柚子も入り良い香りが漂ってきます。香り豊かな柚子餡と、刻み栗とが生み出すまろやかな味わいが特徴です。お茶といただくと本当においしい御菓子です。あらかじめ切ってあるのもいいですね。包丁で切ると端がスパッと切れなくて、せっかくの高級菓子もぶざまになりかねませんから。
 
しょうがせんべい
 これは、石鎚山へ行った方からのおみやげです。しょうがが大好きな私はにっこり笑顔になります。
 石鎚山は、愛媛県のほぼ中央に位置します。四国山地では西部に当たります。標高は1982mで近畿以西の西日本の最高峰だそうです。修験道の山として知られ、また、日本百名山、日本百景の一つでもあります。最高峰は、天狗岳なので、この御菓子にも天狗の絵が描かれています。
 一度は石鎚山にも行ってみたいと思います。岡山からは、しまなみ海道・西瀬戸自動車道を通れば簡単にいくことができるようになりました。だから、愛媛県にも旅行に行かれる人も多く、おみやげをいただくことも多くなります。ごちそうさまでした。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。